379・みらいブログ「施設訪問報告」

訪問回数 1回
時間 13~16 時
内容 例)どんな遊びやお手伝いをしたか?
サッカー、鬼ごっこ、しゃぼんだま、なわとびなど
対象
幼児さん、小学生

感想、気付き、感じたこと
初めての訪問でした。幼児さんの双子の男の子は、言葉はありませんが、何となく私の存在を意識していたようで、ボールを私のところに蹴ってくれました。私がボールを拾いに姿が見えなくなると、すこし寂しそうな顔になって、きょろきょろしていましたが、どうしたの?と声をかけると、何事もなかったようにまたボールをけり始めました。目も合わず、意思表示も薄いのですが、私という遊び相手を確かに認識してくれていたのかもと思います。
小学生は、「あなたは来ていい、あなたはダメ」などと率直にいうので、結構心のタフさがないといけないなと痛感しました。

今回訪問の課題・目標は?
雰囲気を掴む
対策
名前と顔を覚えて積極的にかかわる
次回の課題・目標
ちゃんと「名前は何?」と聞く。話の流れや一人称の呼び方で聞かれなくても分かってしまうが、いきなり呼ぶと驚かれる。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。