387・児童養護施設訪問日記

11月18日

訪問回数 2回
時間 14~ 16時
内容 折り紙、鬼ごっこ、リレー、など

感想、気付き、感じたこと
今回は前回に比べて女の子が少なく初めましての子たちが多く最初は遊びに混ぜてもらうのが難しかったです。でも、前回いた子が「なんか見たことある」と近づいて来ておやつの時間になるまでは一緒に遊んでいました。今回自分自身折り紙やノートしか持参していなかったんですがそれがなくても違う遊びを子どもたちが教えてくれたり次はこれしよー!と言ってくれたりしたので何か物を使わない遊びを準備してもいいなと思いました。
訪問の最初の時と帰りの時に階段の所で滑り台のようにして遊んでいるのは高さがある場所もあったので怖かったです。「危ないよ」と声を掛けても「いつもしとるから大丈夫」と言われその後の声掛けに困りました。また、非常ベルを鳴らそうとしている男の子もいてそのボタンは押しちゃダメだよ。と言ったら一度は立ち去ったのですが今度は下のホースが入ってる部分を開けてしまい職員の方が止めてくださりました。少し構ってほしかっただけという様子にも見えましたが他の施設の子の口調からしたらその男の子はよくそんな事をするというようにも聞こえました。そういったところをどうしたらいいのか継続訪問して関わることで見つけられるのかなと思いました。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。