388・児童養護施設訪問日記

訪問回数 1回目
時間 14時~16時
内容 キャッチボール

感想、気付き、感じたこと
初めての訪問で最初は声をかけても仲間にいれてくれない雰囲気がありましたが、男の子たちがとても上手にボールを投げていたので、一緒にキャッチボールをしようと誘い、そこからずっとキャッチボールをしていました。慣れてきたころに、3人から1対1でキャッチボールをやろう!と声をかけられましたが、対応が上手く出来ませんでした。悲しい想いをさせてしまった子もいたかもしれません。そこから◎くんとふたりで最後までキャッチボールをしていました。投げ方を褒めたり、教えたりしている中で、ちょっとずつですが素直に話してくれるようになりました。変化球の投げ方を教えてほしいと言われたので、次回までに勉強してくる約束しました。野球に興味がある子どもたちが多かったので、遊びの中で技術指導をして、上手くなる嬉しさと自信が持てる強さを感じてもらいたいと思いました。また、みんなで楽しむ野球あそびを考えて、みんなであそびたいと思いました。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。