400・児童養護施設訪問

12月9日
訪問回数:約15回
時間:13~ 16時
内容:ガーランド作り、紙コップクリスマスツリー作り、外遊び

対象 幼児さん、小学生

感想、気付き、感じたこと
今回は、クリスマスにちなんだ工作を2つ行いました。子どもたちも作業が少し多く、大変だったかもしれませんが、集中してオリジナルの作品を作ることができていました。まだ、ハサミに使いなれていない幼児さんがハサミを持っていて危ない場面があったので、注意が必要だと思いました💦
今回は、普段以上におんぶなどのスキンシップを求めてくる子どもが多かったです。特に普段はお姉さんでいる小学生2年生の女の子が甘えてくれていました。私たちが訪問する際は、大人の数が多くなるので一人ひとりと向き合って愛情を注いであげたいと思いました。
外遊びでは、前半は小学生の女の子おんぶで走り回りながら遊び、後半は5歳の男の子と遊びました。その男の子は、以前までは少し私たちの様子を伺うことが多かったらしいのですが、少しずつ心を開いてくれるようになり、今回の訪問では甘えるような仕草もみせていました。心の底から大笑いをして、地面を転がっている様子を見ると私も嬉しくなり、もっと楽しませてあげたいという気持ちになりました。最後には、私のことを名前で読んでくれるようになりとても嬉しかったです。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。