コロナウイルスの影響でアルバイトできない子どもたちに食料をお送りしました。

児童養護施設さまからの要望で

施設を卒業して独り暮らしをしている学生が

コロナウイルスの影響でアルバイトがなくて収入がなくて困っているとお聞きしました。

子どもたちは、1日一食で乗り切ると言っているそうですが

少しでも栄養のあるものを食べて欲しいという有志のボランティアクルーが

あつまって食料をお送りしました。

コロナウイルスは多くの児童養護施設を卒業した子供たちにまで

影響を与えています。

みらいこども財団では市販のマスク、手作りマスクを求めています。

是非ご寄付いただけると幸いです。

 

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。