ボス日記:不況を乗り越える5つの方策



業種にもよるのでしょうが、私の会社でも仕事が減ってきました。
経済が停滞していることを感じています。
震災後やリーマンショックにかなり近い状況かもしれません。



不況を乗り越えるために


1、全員営業を行う

2、新製品開発に全力を尽くす

3、原価を徹底的に引き下げる

4、高い生産性を維持する

5、良好な人間関係を築く




仕事がなくて暇だとしても、ピンチをチャンスと捉えて、様々な経費削減を行い、全員が一丸となって営業し、空いている時間を、普段以上に効率的に新しい製品を開発することで、モチベーションを維持する。

そしてリストラなどは絶対に行わずに、みんなの心を一つにする。



これを行うためには、普段から高い生産性を維持しなければなりません。
ピンチの時に、萎縮するのではなく、次のために準備をするのです。




そうすると、次の好景気では他の企業よりも高い成長ができるのです。

成長する企業は誰もが良い時に努力をしているのではありません。

不況の時に前向きな努力をすることで、大きくチャンスを捉えて成長するのです。

わたなべ

わたしは現在大学4年生なのですが、ありがたいことに、この前、就職活動が終わりました。なので社会人の皆様の大変さや気苦労は計り知れません。今、自由で時間のあるわたしは、周りにいる頑張る人たちの支えになれたらと思います。
できることから、手を挙げていきたいです( ◠‿◠ )‼︎

この記事を書いた人

わたなべあかり
わたなべあかり広報
子ども大好き!犬が大好き!食べるの大好き!笑うの大好き!
大学2年生から活動を始め、今だからこその視点から、社会人のクルーさん・同じ学生クルーさんと接しながら、みらいこども財団をより多くの方に知ってもらいたいです♡

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。