アンテナを張る

 

ボスと一緒に仕事をさせていただくようになって、

情報や知識の豊富さを改めて感じ、

自分の無知と情報収集の大切さをひしひしと感じている毎日です。

 

誰もやっていないことをやるためには、

誰もが知っていることを知ることは最低ラインで、

一握りの人しか知らない最先端にもアンテナを張り、

自分事に落とし込んでアイデアを出すことが必要なのかなと思います。

 

何かつながることはないかとアンテナを張り、

話を聞いて、本や新聞を読んで、情報を得て、

自分の中に浮かんだものをアウトプットする。

習慣になるまで繰り返し、トレーニングを積みたいと思います。

この記事を書いた人

松村 明香
松村 明香
経営企画室所属の新米社員。
1994年生まれ。京都府宇治市出身。趣味はテニス。
次の世代に少しでもいい世界を残すために、地道に頑張ります!

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。

次の記事

身近な貧困