「緊急支援先が決まりました」

茨木子供の家さんに引き続き
東京の聖友ホームさん5名の子供達、茅ヶ崎子供の園さん3名の子供たちに5万円づつを支援することが決まりました。
茅ヶ崎子供の園を卒業した子供たちのほとんどは東京都内に住んでおり
専門学校などに通っていますが、アルバイト先が休業であったり、シフトを減らされたりで収入が激減しているとのことでした。
支援を届けたい子供達に対して支援を届けることが難しい、
これはラストワンマイルと言って
発展途上国でも課題になっていることです。
本当に必要としている人に対して支援をするのは
国ではなく、地域の私たちなのかもしれません。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。