役割分担

先日みらいこども財団の支援をしてくださっている、
ある小児科医の先生にお話を聞く機会をいただきました。

その先生は児童養護施設に保護される子供が出てしまわないように、
虐待が起こることを防ぐことも小児科医の役割の一つだとおっしゃっていました。

「小児科は母親科」とも言うそうで、子供を見るのはもちろんですが、
連れてきている親御さんのことも注意深く見るのだそうです。

いっぱいいっぱいになっていそうな親御さんには、
心が軽くなるような一言を描けるように心掛けているとのことでした。

ただ、虐待を防ぐことができずに、
児童養護施設に保護された子供達のサポートまでは手が回らない分、
サポートを行っている団体を探して寄付をして下さっているそうです。

なんでも自分でやらないといけないような気がしてしまうこともあるのですが、
今回お話を聞かせていただき、
「自分の役割の範囲でできることを…」で良いんだなと思うことができました。
大切なのは自分の手が届かないところに手の届く仲間を作ることですね。

今後も自分の役割をしっかりと担いながら、仲間を増やしていきたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
マンスリーファンディングプロジェクトもあと10日を切りました!
引き続きシェア・拡散にご協力をお願いいたします!
https://syncable.biz/campaign/1194

◆サポーター15名
◆終了まであと9日

この記事を書いた人

松村 明香
松村 明香
経営企画室所属の新米社員。
1994年生まれ。京都府宇治市出身。趣味はテニス。
次の世代に少しでもいい世界を残すために、地道に頑張ります!

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。