日本中の子どもたちに

本日、ある企業の労働組合の方と面談(Zoom)をさせていただきました。

グループの組合の社会貢献活動の1つとして子供の支援活動を行うとのことで、
先日のみらいこども財団のオンラインセミナーにご担当者様がご参加くださり、
本日改めてお話しする機会をいただきました。

大きな企業様で組合員様の数もとても多いそうなのですが、
「すべての組合員に活動に関わってほしい」とおっしゃっていて、
こんなに大きな企業の労働組合様が取り組みに向けて動かれているんだ…!
と驚きました。

全国に拠点のある企業様が取り組んでくださるだけで、
3万人の子供達の手を地域の大人が握るという
みらいこども財団の目指す未来がグッと近づきます。

みらいこども財団が何らかの形でお力になれるように、
私自身ももっと知識や経験を身につけていかなければと思います。

一つでも多くの企業様や一人でも多くの方に
児童養護施設の子供たちへ目を向けていただけるように、
これからも発信や働きかけを続けていきたいと思います!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
マンスリーファンディングプロジェクトも残り1️⃣週間です!
引き続きシェア・拡散にご協力をお願いいたします✨
https://syncable.biz/campaign/1194

◆サポーター15名
◆終了まであと7日

この記事を書いた人

松村 明香
松村 明香
経営企画室所属の新米社員。
1994年生まれ。京都府宇治市出身。趣味はテニス。
次の世代に少しでもいい世界を残すために、地道に頑張ります!

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。