施設訪問に向けて

コロナ対策のために、訪問活動の自粛が続いています。

簡単に訪問再開!という訳にはもちろん行きません。
それでもやはりみらいこども財団は訪問あってこそだと思っています。

なんとか訪問するために、どのような対策を取らなければならないか、
各施設グループのリーダーさんが前向きに議論をぶつけ合ってくださっています。

子供たちのために訪問すべき。子供たちのために訪問は控えるべき。
皆さんがそれぞれのお立場で子供たちのことを考えている気持ちが伝わってきます。

リスクを0にすることはできないので、本当に難しいですが…
できる最大限のリスク対策をして、施設様のお考えもしっかりと聞いたうえで、
訪問再開に向けて前向きに可能性を検討していけたらいいなぁと思います。

この記事を書いた人

松村 明香
松村 明香
経営企画室所属の新米社員。
1994年生まれ。京都府宇治市出身。趣味はテニス。
次の世代に少しでもいい世界を残すために、地道に頑張ります!

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。