児童虐待による死亡事例が厚労省より発表されました。

本日、厚生労働省の専門委員会より、
2018年度の児童虐待による死亡事例の検証結果が発表されたようです。
前年から8人増えて73人、死因で最も多かったのがネグレクトだそうです。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000190801_00001.html

これは氷山の一角で、虐待死と特定されなかった子供たちは
10倍ほどいる可能性もあると言われています。

命を落としていない、虐待を受けている子供たちはさらに多数いて、
コロナで社会とのかかわりがこれまで以上に薄れたことで、
虐待が増加していることも懸念されています。

目の前のできることを一つ一つやっていくしかないのですが、
あまりの問題の大きさに自分の無力さを感じます。

それでもあきらめずに前を向いて取り組んでいかなければと思います。

 

この記事を書いた人

松村 明香
松村 明香
経営企画室所属の新米社員。
1994年生まれ。京都府宇治市出身。趣味はテニス。
次の世代に少しでもいい世界を残すために、地道に頑張ります!

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。