石井大心 様にご講演いただきました。

先日、月に1回の全体ミーティングを行いました。
今回は特別ゲストとして、
虐待を受けている子供達の相談を受けるという活動をしておられる
石井大心(いしいだいし)様にご講演をしていただきました。

石井様はデュシェンヌ型筋ジストロフィー症という病を抱えておられ、
病気がひとつの原因ともなり、家族から虐待を受けた過去を持つそうです。

そんなご自身の過去を断ち切り、カウンセラーなどいくつかの資格を取り、
現在は病院での生活を過ごしながら、
被虐待児のカウンセリングや児童養護施設卒業生への食品支援等を行っておられます。

時に無力感を感じながらも自分にできることに取り組まれている、
石井様のお話をお聞きし、
果たして自分にできることは何なのか?と改めて考えさせられました。

簡単には答えが見つからない、むしろ答えはない問いなのかもしれないですが、
「大切なのは見捨てないこと、信頼できる大人であること」という
石井様の言葉をしっかりと胸に刻んで活動していかなければと思います。

石井様のブログを紹介させていただきます。
ぜひご覧ください。
https://profile.ameba.jp/ameba/daichan555wwspo2

この記事を書いた人

松村 明香
松村 明香
経営企画室所属の新米社員。
1994年生まれ。京都府宇治市出身。趣味はテニス。
次の世代に少しでもいい世界を残すために、地道に頑張ります!

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。