おかえりが言える人

先日、施設の職員さんとお電話させていただいた時に

「施設では出入りする大人の入れ替わりが激しいので、
卒業した子が顔を出しに来てくれても『おかえり』を言ってあげられる人を
担保できるかという問題があるんです」

と話してくださいました。

児童養護施設を卒業した後、実家にも帰れない、施設にも帰れない…
もちろん全員ではないですが、そんな子供たちがたくさんいるのだと思います。

「おかえりを言ってもらえる居場所」の一つに私たちがなることができるように、
これからも子供たちとの関係を築いていきたいですし、
「あの時遊んだお兄ちゃん・お姉ちゃんに会える場所」を
1日でも早く作ることができるように、前に進んでいかなければと思います。

この記事を書いた人

松村 明香
松村 明香
経営企画室所属の新米社員。
1994年生まれ。京都府宇治市出身。趣味はテニス。
次の世代に少しでもいい世界を残すために、地道に頑張ります!

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。