支援協力

ここ最近、企業様やスポーツ選手の方から、
何か一緒にさせてもらいたいとご提案をいただくことが重なりました。

コロナ禍で自分に何ができるのかと考えて社会貢献をしたいという方が増えたり、
虐待や児童養護施設の子供達に目を向けていただく方も増えているのかもしれません。

そんな中で、他にも団体さんが多くいらっしゃる中で、みらいこども財団を協力先の候補として選んでいただけたことはとても光栄です。

たくさんの方が応援してくださっていること、
クルーの皆さんが地道に子供達と向き合ってくださっていることが、
このような機会につながっているんだなと思います。

まだ実際に何かをご一緒できるかどうかは分かりませんが、
形にすることができるように、頑張っていきたいと思います。

 

この記事を書いた人

松村 明香
松村 明香
経営企画室所属の新米社員。
1994年生まれ。京都府宇治市出身。趣味はテニス。
次の世代に少しでもいい世界を残すために、地道に頑張ります!

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。