インタビュー記事

支援金報告インタビュー第一弾を掲載しました。
Twitterで募集をかけて1万円を給付した方に、インタビュー協力をしていただいています。
数人の方にご協力いただいていますので、確認完了したものから順次公開予定です。

実際に社会的養護や児童養護施設での生活を経験された方のお話を直接お聞きするのは初めての経験で、
インタビューの内容も記事の書き方もまだまだ未熟で
ご本人が伝えたいことのどのくらいのことをお伝えできるのか…という思いがあります。

それでもお話しいただいた内容をなるべくそのまま、
まっすぐに届けられるようにと原稿を書き、ご本人にもご確認・ご承諾いただいてから投稿しています。

社会的養護の現場の良い部分だけではなく、課題の部分についても言及いただいていますが、
特定の団体や個人を批判する目的は一切ありません。

ただ、実際に経験された方のお話を聞いて、
じゃあそこで自分たちには一体何ができるのか、何をしなければならないのか、
考えていかなければならないですし、皆さんとも一緒に考えていけたらと思います。

この記事を書いた人

松村 明香
松村 明香
経営企画室所属の新米社員。
1994年生まれ。京都府宇治市出身。趣味はテニス。
次の世代に少しでもいい世界を残すために、地道に頑張ります!

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。