ボランティアクルーのバースデードネーション

みらいこども財団のボランティアクルーの森川ゆかさんがバースデードネーションに挑戦してくれています!

「長くたくさんの子供たちの人生の役に立てる本があれば嬉しい」ということで、
ご寄付いただいたお金で、児童養護施設の子供達に「本📚」を贈りたいとおっしゃっています。

森川さんは、みらいこども財団のボランティアに仮登録をしてくださってすぐ、
コロナという状況になってしまい、なかなか他のボランティアクルーとの交流や、
施設訪問活動への参加もできない中で、今回勇気を出して挑戦してくださいました。

皆様、応援のほどよろしくお願いいたします!!

【森川ゆかさんのコメント】
この度みらいこども財団の松村様から
10月生まれの方、
一緒にバーズデードネーションをしないかとお声がけをいただきました。
現在仮登録中で、なかなか財団の皆様とも関係を作れていない中、私ではお役に立てないのじゃないかな…と不安な気持ちにもなったのですが、
自分の誕生日月でこうした提案をしていただけたことには何か意味があるのかもしれない…と勝手に思い、笑
また、子供たちの安心する居場所づくりに少しでもお役に立つことができるのかもしれない…
そうなればこんなに幸せなことはないなと思って今回一歩を踏み出させていただきました。わたし1人ではなにもできません。どうぞお力をおかしいただけたら幸いです。どうぞよろしくお願い致します。

https://syncable.biz/campaign/1320/

この記事を書いた人

松村 明香
松村 明香
経営企画室所属の新米社員。
1994年生まれ。京都府宇治市出身。趣味はテニス。
次の世代に少しでもいい世界を残すために、地道に頑張ります!

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。