活動の中でいただくもの

ミーティングで他のクルーさんの熱い想いを聞いたり、
施設訪問に行って子供達とふれあった後、
自分自身が少し優しく、強く、なれる気がします。

例えば普段電車に乗っていて、「席を譲った方がいいかもしれない」と思った時、
恥ずかしながら、躊躇してしまって行動に移せないことが多々あります。

でもクルーさんや子供達とお会いした帰り道は、
なぜか行動に移すハードルが自分の中で低くなって、
躊躇せずに声をかけることができます。

その他の面でもボランティアに参加していなかったら
挑戦していなかっただろうなと思うことがたくさんあります。

心理的ハードルを下げてくれているというより、
ハードルを飛び越える力を与えてもらっている感じです。

子供達の無邪気さや、クルーさんの子供達に対するまっすぐな想いが
私も頑張らないと…という気持ちにさせてくださって、
大きく背中を押していただいているのだと思います。

と言っても、日が経つとまた躊躇してしまう自分が出てくるので、
皆さんのお力を勝手にお借りしながら、
弱い自分に勝てるようにしなければ…😤と思います。

この記事を書いた人

松村 明香
松村 明香
経営企画室所属の新米社員。
1994年生まれ。京都府宇治市出身。趣味はテニス。
次の世代に少しでもいい世界を残すために、地道に頑張ります!

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。