施設訪問日記(ボランティアクルーからの手紙)

訪問  10月18日

訪問回数   19回 (同一施設)

13時~ 15時 (感想共有30分含む)

内容 )女の子フロアで室内遊び

★感想、気付き、感じたこと

•先ず嬉しかったことは、昨晩の雨の影響で、芋掘りは延期になったのですが、訪問中止になるのではなく、子供達の住居スペースである各フロアに入らせて頂く以前と同じ通常訪問を施設さんが受け入れて下さったことでした!今まで「財団さんが決めたガイドラインでたとえ訪問がオッケーになったとしても、こちらからお断りするかもしれません」と、ずっと硬い慎重姿勢を貫いておられた施設さんだったので尚更嬉しい氣持ちが募りました。

•そして、一番嬉しかったことに、私は女の子フロアに入らせて頂いたのですが、みらいこども財団の訪問を、子供達が楽しみにしてくれていたようで、小学4年生のRちゃんの指導の元、事前に打ち合わせをし練習してくれていたようで、私に「この場所に、こっち向きで座って待っといて!」と言って、お遊戯で迎えてくれたことでした!

•お遊戯に入る前にRちゃんが、いつも少し団体のペースを乱しがちなYちゃんに、「わかってる?さっき言うたみたいにちゃんとやるんやで!」と何度も言い聞かせている姿が可愛くて、思わず笑みが溢れてしまいました!

•Rちゃんがピアノを弾き(私はRちゃんがこんなに上手にピアノが弾けることを今まで知りませんでした!)一時預かりで施設に来たKちゃん、Yちゃん、Aちゃんがお部屋の外から一列にキチッと並んだ状態で登場し、私の正面に着くと、Rちゃんのピアノに合わせて歌を歌いながらお遊戯をしてくれました。

つづく

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。