児童養護施設訪問日記(ボランティアクルーからの手紙)

◆訪問  10月 25日

訪問回数  34回 (同一施設)

13時30分~ 15時

内容 )幼児棟にて
自己紹介、TVを一緒に観る、ブロック、外遊び(三輪車サポート、ブランコ、滑り台、ジャングルジム、鉄棒

感想、気付き、感じたこと

コロナ感染防止の為、8ヶ月ぶりの訪問でしたが、子ども達は元気に過ごしていて、私達をすぐ受け入れてくれて、一緒に沢山遊ぶ事ができました。訪問できない間に、背丈も伸びて、精神的にも、みんな成長していて とても眩しかったです。
幼児さん7人のうち、初対面の子がほとんどで、職員さんが、春から、入所してきた子が増えたとおっしゃっていました。
幼児さんとの接し方は、近寄ってくるのを瞬時に遠ざけたりは、なかなか無理でしたが、お膝にずっと座って来る子を、他の遊びに誘導したり、外遊びを中心に過ごす事ができたのは、良かった時思いました。
一日3回の検温、消毒など、職員さんは、今まで以上に健康管理業務等が増えていると思うので、訪問中に少しでも、サポートできたらと思いながら、過ごさせでもらいました。
滑り台を滑る姿を見ててもらいたい!ブレイブボードに乗ってるのを見てもらうと嬉しい 子達が何人もいて、共感してあげる事でとても、良い表情になります。以前みたいに、沢山のクルーさん達と一緒に訪問できる日が早くきて欲しいと思いました。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。

次の記事

付添犬