児童養護施設訪問日記(ボランティアクルーからの手紙)

訪問 10月 25日

訪問 30回以上 (同一施設)
時間 13:30~15:30
内容 ドッジボール、ジェイボー、おもちゃを見せてもらう
対象 幼児さん・小学生女子
感想 職員さんから子供が心待ちにしていた様子をお聞きし、嬉しい思いと、私達が訪問しない間、どんな思いだったのかと思うと複雑な心境になりました。
できる限り距離をとるように心がけました。
身体的にも精神的にも成長した姿がみれました。半年以上会っていなかった事に関して、色んな意味で大きな影響も感じました。
毎月訪問して、顔見て会話して、この1回1回がどれほど大きな事だったのかと改めて感じました。
早く子供が心待ちにしているクルーさんに会わせてあげたいと心から思いました。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。

前の記事

施設様との関係

次の記事

映画「ひとくず」