映画「ひとくず」

児童虐待の現実を描く「ひとくず」という映画についての記事を読みました。

https://news.yahoo.co.jp/byline/mizukamikenji/20201111-00207285/

4月に一度公開されたそうですが、コロナの影響で上映中断となっていたものが
今月再開されるそうです。

記事内にある、監督兼主演を務められた上西雄大さんのコメントが印象的です。

「繰り返し僕が言っているのは、子どもも傷ついている。
でも、暴力を振るってしまう親もまた傷ついている。
そのことを知ってほしい。
どうすれば、そこから抜け出せるのか、社会に何が必要なのか?作品を通して考えたい。」

私も映画館に行き、作品を見て、考えたいと思います。

映画「ひとくず」公式サイト
https://hitokuzu.com/

この記事を書いた人

松村 明香
松村 明香
経営企画室所属の新米社員。
1994年生まれ。京都府宇治市出身。趣味はテニス。
次の世代に少しでもいい世界を残すために、地道に頑張ります!

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。