2019年度の児童虐待対応件数

児童相談所が児童虐待として対応した件数は、年々増加を続けており、
2019年度も過去最多を更新し、19万3000件以上に上ったそうです。

注意が必要なのは、児童相談所が対応した件数なので、
実際に児童虐待が起こった件数ではないということです。

虐待自体が年々増えているということもあると思いますが、
児童虐待に対する関心が高まっているともいうことができると思います。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201118/k10012718501000.html

NHKニュースウェブの記事では、
お子さんを育てておられる母親の方数人に取材をされています。

コロナ禍で生活が苦しくなったり、人と会うことがなくなって息抜きもできずに、
子供に虐待をしてしまうのではないか、虐待をしてしまっているのではないか、
という悩みを抱えておられるそうです。

おそらくそのような家庭は多いのではないかと想像します。

子育て支援を行っている団体様もいらっしゃるので、
抱え込まずに助けを求めて欲しいと思いますし、
コロナで活動存続が危うい支援団体様も多い可能性があるので、
そういった団体様を応援することも私たちが間接的にできる支援の一つかもしれません。

 

この記事を書いた人

松村 明香
松村 明香
経営企画室所属の新米社員。
1994年生まれ。京都府宇治市出身。趣味はテニス。
次の世代に少しでもいい世界を残すために、地道に頑張ります!

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。