コロナウイルスに負けずに前へすすみます。

私たちの支援の中心である施設訪問

毎月施設訪問を行うことで子供たちとの関係性を構築し

心から信頼できるお兄さん、お姉さんになり

ひとりでしっかりと生きていけるように人生の伴奏者になるということ

訪問がままならない中で

両手がもがれたような気持になってしまいます。

しかし、どんな状況であっても

子供たちの支援はできると考えて

半年間様々な努力を行ってきました。

今年もできる限りの支援を多くの仲間と共に実現させてまいります。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。

前の記事

DV相談件数の増加

次の記事

習いごと里親