DV相談件数の増加

2020年度のドメスティックバイオレンス(DV)の相談件数が、
昨年11月までの総数で過去最多となったとの記事がありました。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQODG125JZ0S1A110C2000000

新型コロナウイルスの影響で自宅で過ごす時間が長くなり、
ストレスや生活不安を抱えて暴力に至る事例が増えていると記載されています。

DV被害者はただでさえ助けを求めることは容易でないと思いますが、
コロナ禍でより密室状態が増え、人との関わりが減ってしまい、
さらに助けを求めにくい状況なのではないかなと想像します。

また、DVは児童虐待とも密接に関係しているため、
多くの子供たちが命の危険を感じながら生活をしているのかもしれません。

内閣府ではDV相談を受け付けているそうです。
https://soudanplus.jp/

おそらく他にも様々な自治体や、民間団体が相談に応じていると思います。

今私が直接できることはほぼないので心苦しいですが、
被害に合っている方が一人でも多く、助けを求めることができるように
支援の情報等にアンテナを張り、拡散していけるようにしたいです。

この記事を書いた人

松村 明香
松村 明香
経営企画室所属の新米社員。
1994年生まれ。京都府宇治市出身。趣味はテニス。
次の世代に少しでもいい世界を残すために、地道に頑張ります!

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。