嬉しかったこと

先日、ある施設職員さんとオンラインでお打ち合わせをさせていただく機会がありました。

打ち合わせ終了後、
「実はコロナの支援金を支給してもらった子が今日いるんです」と
画面に顔を出してくださいました。

とても真面目そうな子で、今はまたコロナで厳しい状況の中ですが、
仕事を頑張っているとのことでした。

みなさんのご支援が届いているという実感を感じてもらう機会を作れていないのですが、
支援した子どもたちが頑張っているんだなぁと少しでも感じてもらえるように
これからもこういったご報告をしていけたらと思います。

この記事を書いた人

松村 明香
松村 明香
経営企画室所属の新米社員。
1994年生まれ。京都府宇治市出身。趣味はテニス。
次の世代に少しでもいい世界を残すために、地道に頑張ります!

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。