寝屋子制度

先日テレビ番組を見ていて、三重県鳥羽市の答志島答志町の寝屋子制度というものを知りました。
中学生?以上になると子供たちは他のおうちに寝に来るという制度で、
それが結婚するまで続くそうです。

食事やお風呂は自分の家で済ませて、ただ寝るだけだそうですが、
テレビに出てきたおかあさんは「義理の子どもが6人いる」とおっしゃっていて、
結婚式などがあれば親族として出席するのだそうです。

抵抗を感じる人もいるとは思いますが、
「地域の子どもはみんなの子ども」という文化なのかなと感じて、
素敵な風習だと私は思いました。

気になった方はぜひ詳細を調べてみてください😊

この記事を書いた人

松村 明香
松村 明香
経営企画室所属の新米社員。
1994年生まれ。京都府宇治市出身。趣味はテニス。
次の世代に少しでもいい世界を残すために、地道に頑張ります!

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。