児童養護施設・訪問日記(ボランティアクルーからの手紙)

訪問  3月20日

訪問回数 2回 (同一施設)

時間  13時~ 15時
内容 ドッチボール、氷鬼

 

感想、気付き、感じたこと

今回は2回目の訪問でしたが、前回一緒に遊んだ子供達が今回も元気一杯に遊んでいる姿を見て嬉しく思いました。
子供達の中には私のことを覚えてくれていた子、途中で思い出してくれた子もいて本当に嬉しかったです。お互いのことを知っているだけで心の距離感も縮まってより楽しい時間を過ごせる気がします。
他の子供達にもちゃんと覚えてもらえるように継続して訪問していきたいなと思います。
今回の遊びはドッチボールメイン、最後に少しだけ鬼ごっこをしました。
私自身まだ余裕がなく全体を見れていなかったのですが、子供達はルールをきちんと守りお互いを尊重して遊んでいたので終始揉め事もなく楽しく過ごせていたかなと思います。あっという間でしたが私も楽しく過ごさせて頂きました。

 

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。