コロナ禍において思うこと

コロナ禍において思うこと

児童養護施設さんの職員さんとお話をしている中で思うことは

子供達にとってかけがえのない大切な時期を失っているということです。

子供にとっての一年は大人に比べて

比べることのできない大切な時期です。

その大切な機会を奪われていると感じます。

勉強であったり、心を育むことであったり

仕方がないのかもしれませんが

もっと子供達のためにみんなができることは

あると思えて仕方がありません。

 

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。