企業様の思い

みらいこども財団は、一緒に児童養護施設の子どもたちを支援してもらえないかと
色々な企業様にご連絡をして、お話しする機会をいただいたりしています。

今はコロナ禍ということもあり、Zoomでさせていただくことがほとんどですが、
先日は久々に企業様に訪問してお話しする機会をいただきました。

企業様の商品も見せていただき、試行錯誤された商品の数々に
とても心が躍りましたし、勉強になりました。
そして何より商品への愛情を感じて温かい気持ちになりました。

その訪問させていただいた企業様と、もう一社Zoomでお話しさせていただいた企業様が
どちらも子ども関連の商品を多く扱っておられるのですが、
児童養護施設への支援を前向きにご検討してくださっています。

どちらの企業様も「いつもお子さんにお世話になってるから」と
偶然にも同じことをおっしゃっていて、すごく感動しました。

今回の企業様に限らず、商品を提供していただく際には、
企業様の商品への思いや子どもたちへの思いも
一緒に子どもたちへ届けなければならないなと思いました。

そしてこのような素敵な企業様が、子どもたちを支援することで
さらに多くの人から応援されるような社会にするために、私たちも頑張らなければと思います。

この記事を書いた人

松村 明香
松村 明香
経営企画室所属の新米社員。
1994年生まれ。京都府宇治市出身。趣味はテニス。
次の世代に少しでもいい世界を残すために、地道に頑張ります!

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。