応援してくれる人の存在

みらいこども財団の活動や児童養護施設のことを話したときに
理解し、応援してくれる友人がいることがとてもありがたいなと感じる今日この頃です。

また私は社員としての業務の中で、応援してくださる方の存在を知ることができます。

途方もない活動の中で、みなさんのお気持ちが大きな支えになっていて、
その応援をしっかりと子どもたちに届ける活動をしなければと背筋を正していただいていると感じます。
みなさん、いつも本当にありがとうございます😊

児童養護施設の職員様からも
「施設のことを気にかけ応援してくださる方がいることが子どもたちの支えになります」
と言うお声をいただくことがあります。

これは児童養護施設やみらいこども財団の活動に限ったことではないですが、
自分がその現場に立ったり、ボランティアをしたり、何かを寄付したりすることができなくても、
応援したい人がいる時、応援したい団体がある時、
それを言葉で伝えたり、多くの人に知ってもらえるように情報を発信・拡散したり、
みなさんもぜひどんな形でも良いので、応援の気持ちを表現していただけたらと思います。

この記事を書いた人

松村 明香
松村 明香
経営企画室所属の新米社員。
1994年生まれ。京都府宇治市出身。趣味はテニス。
次の世代に少しでもいい世界を残すために、地道に頑張ります!

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。