目標金額 支援者一人あたり 12万円/年 × 2年間  募集人数7人

上杉誠さんのプロフィール ※本人が特定されないよう個人情報に多少の修正を加えています。

〇19歳(インタビュー時) 男性 (関東地区生まれ)
〇2人兄弟の長男として生まれる。姉が一人
〇小学1年生から児童養護施設で暮らしている
〇2023年4月から2年制の保育系専門学校に進学する
〇将来は保育士を目指している

自分自身のこと

趣味:体を動かすこと。特に球技中でもサッカーが好きです。中でも選手はバルセロナのプジョル選手が好きです。
音楽は特に気に入った歌手やバンドはいませんが、気に入った曲をその都度聞いています。最近は山下智久「最後のラブソング」をよく聞いています。
プライベートはアルバイトに行っている時間以外は部屋でゲーム実況のYouTubeを見ています。
携帯ゲームは「ブロスター」にはまっています。
長所:友達からは面白い、明るい性格だといわれていますが、自分ではあまりわかりません。

短所:短気すぎるところです。友達とけんかすることはありませんが、イラっとしたら相手にきついことを言ってしまうことがあります。

アルバイト:家の近くの飲食店とカードショップで働いています。飲食店は週3回、平均4時間。カードショップは週3回、平均3時間くらい入っています。
土日もアルバイトで、休みは水曜日だけなので、学校が終わるとほっとします。

 

生い立ちから~高校卒業まで

幼い時の記憶はありませんが、小学生時代はわんぱくで、学校が終わると毎日サッカーしたり、友達と鬼ごっこで遊んだりしていました。
サッカーは父の影響で小学校三年生からずっと続けていました。僕は体が大きいほうではないのですが主にディフェンダーやボランチがポジションです。サッカーの楽しいところは、体の大きな相手にもポジションやタイミングを工夫することで勝つことができることろです。
始めたときは下手でしたが、小さくても体力をつけたりすることでうまくなることができました。

中学校は地元の学校に進学しました。
勉強はほとんどしていませんでしたが、部活はサッカー部に入っていたので体育の成績はよかったです。サッカー部の仲間とはとても仲が良くて土日も練習を頑張りました。
もともと足は速かったので、体力を中心に向上させて次第にレギュラーとして試合にでることができました。
しかし、学校のサッカー大会では勝ったり負けたりの成績でした。
クラスでは特に目立つタイプではありませんでしたが、友達はそれなりにいたと思います。
部活が中心の生活だったのと、家ではご飯の支度、洗濯などをしなければならないので友達と遊ぶということは少なかったような気がします。
中学校2年の時に施設に入ることになり、転校することになったのですが、
転校先の中学校ではすぐに友達となじむことができました。
僕は人見知りなので、周りのひとがみんな優しかったのが大きかったと思います。
すぐにサッカー部に入って、自分では充実した中学生活を過ごすことができました。

高校生活
まずは自分の成績にあった入れそうな高校を探して入学しました。
中学校に引き続き、高校でもサッカー部に入りました。
それまではディフェンダーでしたが高校2年の時にボランチにコンバートされました。
高校時代はほぼレギュラーとして試合にでることができました。
最後の1年はキャプテンを任されました。
キャプテンは大変なことが多かったです。
下の学年のメンバーが言うことを聞いてくれなかったりしたので、最初は怒鳴ったこともあったのですが、
厳しいことばかりではいけないと自分で気が付いてから、メリハリをつけて注意するようにしました。
そうすると、少しずつですが僕の言うことを理解してくれるようになりました。
キャプテンをすることで、とても良い経験をさせてもらったと思います。
高校のクラスでも友人がいて楽しかったです。
でも、勉強は相変わらず嫌いだったので成績はあまりよくありませんでした。
高校3年生の時から進学に向けての準備をする必要があったので、アルバイトを飲食店で始めて20万円程度貯金することができました。

 

進学を決意するまで

中学の時に職場体験があり、保育園に行ったときに、子どもたちから慕われたり、一緒に体験で訪問した友達4人の中で一番よかったと先生から褒められたことがきっかけで、保育系の仕事に就きたいと思うようになりました。
その時から、保育士になるには進学したほうがいいだろうなと考え始めて、進学を意識するようになりました。
施設の子どもたちの大半は就職するのですが、保育になりたいと思って職員さんに進学したいと相談したときに
応援してくれたので、進学することを決意しました。
学校選びの決め手になったのは、数か所見学したときに、先生と生徒の距離が近くて楽しそうだったので今の学校に決めました。

 

児童養護施設での暮らし

児童養護施設に入ったきっかけは、父の暴力です。
暴力の原因は、僕が悪いことをしたり、家の手伝いをしなかったことです。
悪いことをすると、そのたび父から殴られてました。
ひじの関節を脱臼したり、あごの骨が外れたりしたこともあります。
ある時、鼻をなぐられてから痛くて、なかなか治らなかったときに先生が心配してくれて児童相談所に連絡をしたことがきっかけで一時保護所に入ることになりました。
一時保護所からしばらくして、卒業まで過ごすことになった児童養護施設に入ることになりました。
最初は不安なことも多かったですが、
本音は家で暮らしていたら高校へいけるかどうかもわからず、辛いことがおおかったのでホッとしたというのが正直な感想でした。施設の子どもたちや転校先の中学校ではすぐに友達ができてなじむことができました。
僕が施設に入ったときは、姉も父からの暴力を受けていたので同じ施設にはいると思っていましたが、姉は違う施設にはいりました。理由はわかりません。

施設での暮らしを、いやだと思ったことはありません。
子ども同士のけんかや、小さい子がうるさいと思ったことはありましたが、家でくらしているときよりは安心して過ごすことができました。
施設で暮らしているということは学校で仲の良い友達には伝えていました。
施設の後輩には、「施設の職員さんのいうことは聞いたほうがいいよ」とアドバイスしてあげたいです。

 

両親のこと

小学4年の時に父と母は離婚しました。
もともとおじいさんの家に、伯父、叔母、父、母と住んでいました。
離婚の原因として、母は父の親戚との大人数の暮らしがつらかったのだと思います。
僕自身は家の家事全般をしなければならなかったので、しんどいことが多かったです。
おばあさんが唯一僕の味方でしたが、突然おばあさんが出ていくことになってから一緒に暮らすことができなくなり、味方がいなくてより辛いことが増えました。
父と母は離婚はしていますが、今は一緒に暮らしていて、僕が施設にはいってからも半年に一度くらいの頻度では会っていました。
今は親を怨む気持ちはありません。一緒に暮らそうといってくれますが、親には甘えずに生きていきたいので、これからも一緒に暮らすことはないと思います。
天気の悪い日などは、虐待を受けたときの傷が痛むことがあって、あの時のトラウマがないというわけではありませんが、親子関係は昔より良くなっています。
最近も父と伯父と会う機会もあり、今後は親戚同士で会うこともあると思います。

 

将来の目標・夢

将来の目標
今の目標は保育士になることです。
そのためには、まず学校を卒業すること。
学校を卒業して、保育士免許をとって就職して、いい先生になりたいです。

 

みらいこども財団・スタッフの感想

最初は恥ずかしがり屋の、おとなしい男の子だという印象でしたが、話を始めると持ち前の明るさもあり、積極的に自分のことも話してくれました。
子どもと遊ぶのが大好きだというだけあって、良い先生になれる学生さんだと感じました。

2年間専門学校に通いながら、アルバイトとの両立は大変だと思いますが、自立支援ホームの職員さんの支援もあり生活面はサポートしてもらえる環境にいます。
2年間の専門学校生は2年という短い期間に勉強と卒業後のことを考える必要があります。卒業してから独り立ちの準備として100万円程度のお金が必要となります。
彼の夢をかなえるために、皆様のご支援をお願いいたします。

資金計画

(簡易版)

(詳細版)

  

支援者様への報告
毎月みらいこども財団よりメールで近況報告を送ります
数ヶ月に1回Zoom報告会を開催します(本人出席)

 

誠さんを応援してほしい理由

準備中…

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。