活動内容

虐待などで傷ついた子どもたちは、無条件の愛情を知らず、大人を信用できなくなっていることが多くあります。そのためみらいこども財団は児童養護施設で暮らす子どもたちと直接ふれあい心を育む支援を大切にしております。
また子どもたちが厳しい現実に直面するのは児童養護施設を卒業してからです。
進学したり社会に出てからも前を向いて生き、課題を乗り越えていくための支援も行っております。
私たちは、子どもたちが安心感を持って自分の足で人生を切り拓いていくことを応援しています。

みらいこども財団の
軸となる活動

児童養護施設への
訪問ボランティア
児童養護施設を
卒園した子どもを
支援するボランティア

この2つを軸とし、それぞれの活動のなかで様々なプロジェクトを行っております。

児童養護施設への
訪問ボランティア

総勢200人のボランティアクルーが1施設につき毎月1回、土日祝・主に午後から2〜3時間程度訪問して様々な活動をしています。

ボランティアメンバー

子どもたちと一緒に遊び、
心を育みます

本当の意味で子どもたちに希望を持ってもらうために始めた活動です。定期的に施設を訪問し子どもたちと思いっきり遊びます。自分のために会いに来てくれる大人の存在が子どもたちの心の支えになります。

学習のサポートボランティア

学習のサポートボランティア

児童養護施設の子どもたちは、学校に行けない、勉強についていくのが難しいなどの理由で進学を諦めることがあります。マンツーマン、グループで学習支援を行い子どもたちの将来の選択肢を広げます。

就業支援

就業支援

施設を卒園後、厳しい社会で自立していかなくてはならない子どもたちは仕事の選択肢が限られてしまうこともあります。なりたい職業を見つけるためにあなたのお仕事について子どもたちに伝えてもらえませんか?

児童養護施設への物品での支援

児童養護施設への物品での支援

全国600の児童養護施設へアンケート調査を行い、物品の提供を行っています。サポーター企業様にご協力いただき年間総額約1億円分の洋服・家具・生活用品など300以上の施設に提供いたしました。

詳しくはこちら

児童養護施設を卒園した子どもを支援するボランティア

児童養護施設を卒園した子どもたちは頼る親がいないことで、学生生活や社会生活をしていく中で、厳しい現実に直面し困窮してしまうことも少なくありません。
厳しい現実の中でも前向きにチャレンジしていけるよう支援しています。

子どもを支援するボランティア

施設を巣立った子どもの居場所作りをする
「みらい基地プロジェクト」

施設を卒業した子どもたちには、もう帰ることのできる場所がありません。困ったとき、寂しいとき、誰かと話したいときに子どもの頃に遊んでもらった優しいお兄さんお姉さんがいる場所があるだけで子どもたちはきっと心強く生きていけます。

詳しくはこちら

「みらい基地プロジェクト」

進学から卒業までをサポートする
「オンライン里親募集プロジェクト」

児童養護施設から大学や専門学校に進学する子どもを卒業するまでの数年間、お1人あたり月額1万円でサポートしながらオンラインで見守ることができます。未来ある若者を一緒に応援してください。

詳しくはこちら

「コロナ緊急支援プロジェクト

児童養護施設出身者対象の助成金
「コロナ緊急支援プロジェクト」

施設を卒業して就職したけど、コロナ禍で職を失ったなどで生活が困窮している方を対象に現金を支給する助成金です。ご本人様のお申し込みと児童養護施設の職員様からの推薦も受け付けております。

詳しくはこちら

物品での支援

児童養護施設を卒園した
若者への物品での支援

児童養護施設を通して卒園後の子どもたちにも洋服・家具・生活用品など物品の提供を行っています。

私たちの仲間になって
継続寄付をお願いいたします

寄付

児童養護施設の子どもたちを支援するには長期間にわたっての支援が必要不可欠です。
現在、児童養護施設に入所する子どもは低年齢化、さらに長期化しております。
1歳から乳児院に入り、18歳で卒業するまで児童養護施設で暮らす子どもが増えています。
そのような子どもたちを長期間支援するために、サポーター会員として継続的寄付をお願いいたします。

寄付で支援する

寄付

オンラインセミナーに
ご参加ください。

テーマ
「貧困と虐待とみらいこども財団の
活動について」

みらいこども財団では「貧困や虐待についての現状」「児童養護施設の現状と課題」「みらいこども財団の活動内容」について詳しくお伝えするオンラインセミナーを定期的に開催しております。まずはお気軽にご参加ください。

オンラインセミナーに参加する

お気軽に
お問い合わせください。

  • バナー
  • みらいこども財団は、内閣府が主宰する「子供の未来応援基金」の支援を受けています。
    子どもたちに寄り添って草の根で支援活動をする団体として、第4回未来応援ネットワーク事業に採択されました。