組織にしかできないことがある

みらいこども財団は、お金だけでも想いだけでも足りない社会課題に対して、
仕組みを変えることで「当たり前」を変えることを目指しています。

従来の金銭的な支援にとどまらず、
お互いが成長できるような様々な形で企業の皆さまと手を携えていきたいと考えています。

どんな企業・団体様にも社会貢献の機会はあります。
子どもたちが割を食う社会を変えるためにできることを、
一緒に考えてみていただけませんでしょうか?

現在何らかの形でみらいこども財団の活動に参加・ご支援いただいている企業さま一覧はこちら

CSR×採用・人材教育プログラム


タテマエではない社会貢献

企業のSDGsを実践するための社員教育の一貫として、みらいこども財団の活動に参加してみませんか?

優秀な人材は、企業がどんな社会貢献をしているかが
企業選びの基準の一つになります。
すでに働いている社員さんも、
社会貢献活動を行うことで充実したプライベートを過ごす事ができ、
その結果仕事にも一層やりがいを見出せます。

私たちは、
社会貢献×人材採用×人材研修=仕事のやりがい・人生の充実・企業の発展
という方程式ができると考えています。

○人材採用の一環としての社会貢献プログラム構築
○人材教育と人材定着、生産性向上のための社会貢献コンサルティング
○SGDsを実践することによる企業価値向上のお手伝い

まずはお問合せください。

強みを活かした協働事業

「その道のプロ」である企業の皆さまに、
プロボノとして財団の活動に参加していただけないだろうか。

ご寄付や資産のご協力をいただくたびに、
一緒に活動する仲間としてもっと深く関係を築きたい。
そんなふうに感じることが多くあります。

「企業プロボノ」という言葉が生まれてから久しいですが、
未だ営利企業と非営利組織の間には壁があるように感じられます。

企業の肩書を持った個人でもご参加いただけます。
本気で社会を変えようという皆さま。
私たちでは思いつかない、実現できないご提案を楽しみにお待ちしています。

プロボノ活動例

寄附付き商品の共同開発
キャンペーン・イベントの企画運営
広報制作物の企画・制作
寄附・クラウドファンディングの企画・実施
バックオフィス業務の改善提案
リサーチ・事業戦略立案など

場所・サービス提供でのご支援

非営利組織においては、通信費や場所代などの運営費が少なからず負担となります。
お金という形ではなく、場所や自社サービス提供等での
ご支援をいただける企業さまを募集しております。

場所提供でのご支援

社会に出て、物理的にも精神的にも居場所を失った子どもたちが
犯罪に巻き込まれるケースが発生しています。
みらいこども財団では「みらい基地」として
全国に子どもたちが立ち寄れる場所を作っていきたいと考えています。

現在使用していない場所、
または休業日や終業後などに空く予定のあるお部屋等がありましたら、
みらいこども財団の活動にお貸しいただけませんでしょうか?

形態シェアハウス・レンタルスペース・古民家、ビルの一室など。
場所東京都内または大阪市内。(駅からアクセスしやすい場所が望ましい)
日時週末、土日限定、平日の夕方2〜3時間など提供可能な日時をお知らせください。
広さできれば20名以上のボランティアや子どもたちが集える場所であれば助かります。
使用料金可能であれば無料、もしくはお安くお貸しいただけると大変助かります。

自社サービス提供でのご支援

非営利団体でも、組織運営において業務効率化や経費削減は課題です。
IT関連サービス等の無償・格安プログラムをお持ちの企業様、
ボランティアクルーの活動支援物品等をご提供いただける企業様、
ぜひ一度お問合せください。

施設にいる子どもたちへの物資支援をお考えの企業様へ
施設間や子どもたち同士での不公平感を避けるため、
また子どもたちへの教育上の理由から、
原則として企業様からの支援物資のみのお預かりはしておりません。

物資を活用した子どもたちへの教育事業など、
活動の一環としての協働のご提案をお待ちしております。

みらいこども財団へのご寄付

みらいこども財団では、
誰もがためらわずに隣の人に手を差し伸べることのできる優しい世界、
当たり前に社会貢献ができる世界を目指して、
費用的ハードルの低い施設訪問を活動の中心に置いています。

しかし、組織として安定した活動を続けるためには目に見えない費用がかかります。
また、施設を卒業した子どもたちの居場所づくりや教育支援、就業支援など、
本当の意味で貧困と機械差別をなくすためには、
資金を投じて社会の仕組みそのものを変えていかなくてはなりません。

皆さまのご支援を大切に形にしていきます。
ご協力、どうかよろしくお願いいたします。

財務情報はこちら

※みらいこども財団は、一般財団法人です。
会計上は「一般の寄附金」として、損金算入限度額の範囲内で損金算入されます。
詳しくは国税庁のウェブサイトなどをご覧ください。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。