クルーになる皆さまへ

児童養護施設は、子どもたちにとっての家です。
そこへ訪問するということは、他人の家に土足で上がるようなものであることをご理解ください。

施設の職員さんも子どもたちも、はじめのうちはボランティアを信用してくれません。きっと、すぐに辞めてしまうボランティアを数多く目にしてきたのでしょう。

児童養護施設という場所は、誰もが足を踏み入れることのできるところではなく、興味本位で施設訪問をすることはできません。
無償とはいえ、責任をともなうボランティアです。

学生さんは卒業しても支援し続けることが、社会人は一度手を握った子どもが施設を卒業するまで見守ることができるでしょうか? もし、訪問することができなくなったとしても「さようなら」とお別れ、またはお手紙を書いてお別れをすることを約束していただけますか?
一度子どもたちと関わりを持つということは、皆さんが想像する以上に重い意味を持ちます。

何故、一度だけでもう来てくれないの?
僕がわるかったの?
子どもたちはこのように、自分を責めてしまうのです。

数回の訪問は単なる自己満足に過ぎません。ある意味で虐待と同じかもしれません。
厳しい物言いのように聞こえるかもしれませんが、子どもたちはボランティアクルーが「いいことをした」と満足するために存在しているのではないのです。

継続する覚悟。
それさえあれば、難しい活動ではありません。

ボランティアクルーさんへのお願い

  1. みらいこども財団の理念に共感できる
  2. 月に6時間以上、1年以上にわたり活動時間を確保する
  3. ボランティアクルー仲間を大事にする
  4. 財団運営にも協力する
  5. 楽しみながら活動できる
  6. 子どものプライバシーに配慮する
  7. 各プロジェクトに所属して活動に参加する
  8. 施設訪問を希望する方は毎月のミーティングにも必ず参加する

私たちは、子どもたちと寄り添うことでいつも勇気や元気をもらっています。
支援する、されるではない共に成長する関係がある。
お金だけではできない、仲間がいるからできる支援を私たちは大切にしています。

クルーさんの個人情報取り扱いについて

  • 施設訪問の際、氏名、住所、顔写真等を施設に提供します。
    誰が訪問してくるかわからないと不安であるという施設職員さんに配慮した対応です。
  • 本登録書に関しては財団社員・各グループの責任者以外が取り扱うことはありません。
  • LINE、Slackの連絡先は各種の連絡のため、必要な担当者に伝えることがあります。
  • ボランティア活動の写真などを財団ウェブサイト、各SNSに使用します。(活動を広く知ってもらうためご協力ください)

注意事項

※仮登録後3ヵ月以内に本登録されない場合、本登録後6ヶ月間活動されない場合は退会となります。
※他団体と掛け持ちは事前に申告してください。
※みらいこども財団で知りえた情報公開は禁止です。
※子どもと連絡先交換や施設外で会う行為は禁止です。(違反した場合は実名を公開する場合もあります)

その他、財団のルールに則った活動をお願いします。

活動にかかる費用について

財団が負担する費用

  • 事務所家賃
  • 毎月のミーティング会場費
  • 事務所にある備品、消耗品など(事前申告制)
  • データベースシステム利用料
  • ウェブサイト制作・運営費
  • 寄付者への手紙郵送費
    など

財団が負担しない費用

  • 活動にかかる交通費
  • 施設での遊びにかかる費用(※1)
  • USJやディズニーランドに子どもたちを招待する際の、ご自身のチケット代金

(※1)施設での遊びにかかる費用について

施設訪問に関しては、基本はお金をかけないでボランティアクルー各自が、あるもので工夫をするのが基本です。
(誰もがボランティアができる仕組み作りをするため、特に学生さんは費用が負担になることがあります)

施設訪問などで費用をかけたい場合は、訪問リーダー、メンバー皆さんと相談して決めてください。
(一人だけが負担することは無いよう、均等に負担してください。)
費用の目安は一人300円から多くても500円まででお願いしています。
300円以上かかる場合は財団に報告していただくこととなっています。

ボランティアクルーさんから会費をいただくことも現在は考えておりません。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。