児童養護施設出身者対象の助成金
コロナ緊急支援
プロジェクト

児童養護施設出身者の方を対象に助成金を支給します。

プロジェクトの経緯

バナー

コロナ禍で施設訪問ができなくなってしまった時、施設職員様からお困りごとをお聞きしました。
「施設を卒業して学費や生活費を稼ぎながら生活している子がアルバイトがなくなって、一日一食もやしで過ごすくらい、苦しい状況なんです。」
職員様のお声を受け、施設出身者を対象とした現金支給プロジェクトを立ち上げました。

はじめは施設を卒業して学校に通っている、施設で生活しながら進学を目指して学費を貯めているお子さんを対象にしていました。
実際に現金支給のお話を施設さんにご提案すると、「学生だけですか?」というお声が非常に多く、施設を卒業して就職したけれど、
コロナで職を失った方もたくさんいらっしゃることがわかりました。
学生・社会人問わず、状況をお伺いして給付の判断をさせていただいています。

補助金を渡す写真 補助金を渡す写真

支給実績(2021年11月末時点)
※施設名略称

  • 子供の家様(茨木)
  • 7人
  • 聖友ホーム様
  • 7人
  • 子どもの園様
  • 6人
  • ベトレヘム学園様
  • 1人
  • 神戸真生塾様
  • 7人
  • 双葉園様
  • 10人
  • 四恩学園様
  • 3人
  • 遙学園様
  • 6人
  • 三光塾様
  • 3人
  • 博愛社様
  • 5人
  • 西台こども館様
  • 3人
  • るんびにー様
  • 3人
  • クリスマス・ヴィレッジ様
  • 4人
  • 子山ホーム様
  • 6人
  • 暁学園様
  • 1人
  • 愛の聖母園様
  • 3人
  • 広安愛児園様
  • 3人
  • 和敬学園様
  • 3人
  • 星美ホーム様
  • 5人
  • 弘済みらい園様
  • 2人
  • 立正青葉学園様
  • 3人
  • 光明童園様
  • 3人
  • 若草寮様
  • 4人
  • 聖母愛児園様
  • 1人
  • 豊橋若草育成園様
  • 2人
  • 舞鶴双葉寮様
  • 1人
  • 助松寮様
  • 4人
  • こどもの里様(大阪)
  • 1人
  • 日本児童育成園様
  • 1人
  • 明生学園様
  • 1人
  • 南山寮様
  • 4人
  • 広尾フレンズ様
  • 1人
  • 岩倉学園様
  • 2人
  • 共生会希望の家様
  • 1人
  • 一関藤の家様
  • 1人
  • 小百合園様
  • 2人
  • 窓愛園様
  • 4人
  • 石崎学園様
  • 1人
  • フランシスコの町様
  • 1人
  • 若竹ホーム様
  • 1人
  • 平和園様
  • 1人
  • はぐくみの杜君津様
  • 3人
  • 福音寮様
  • 1人
  • 小百合の寮様
  • 1人
  • 調布学園様
  • 1人
  • 筑波愛児園様
  • 4人
  • 高風子供園様
  • 2人
  • 三春学園様
  • 1人
  • 城山学園様
  • 1人
  • 手まり学園様
  • 2人
  • 和光寮様
  • 1人
  • 清明寮様
  • 1人
  • 誠信少年少女の家様
  • 1人
  • 聖霊愛児園様
  • 1人
  • 光輝寮様
  • 1人
  • クローバーライト様
  • 1人
  • 慈友学園様
  • 1人
  • 駒方寮様
  • 1人
  • 湘南学園様
  • 2人
  • 飛鳥学院様
  • 1人
  • 和歌山市旭学園様
  • 1人
  • 米子聖園天使園様
  • 1人
  • 光の園摂理の家様
  • 1人
  • 下関大平学園様
  • 3人
  • ライクホームはるか様
  • 5人
  • ひまわりの家様
  • 2人
  • 高知聖園天使園様
  • 1人
  • 愛仁園様
  • 1人
  • 愛童園様
  • 1人
  • 甘木山学園様
  • 2人
  • 若葉荘様
  • 2人
  • 佐賀清光園様
  • 1人
  • 聖華園様
  • 1人
  • 光と緑の園向陽寮様
  • 1人
  • 龍山学苑様
  • 1人
  • Twitterプロジェクト・個人
  • 18人
  • 受給者総数
  • 198人
  • 支給総額
  • 6,656,180円

寄付金 2021年11月30日現在
10,164,550円 ※経費(寄付金の2割)差し引き後

プロジェクトの目的

施設の子供たち、施設出身者の支援

少しのお金や支援があれば今の苦境を乗り越えられる方、
しんどくてどうしようもない方を支援したいと考えています。

問題の周知

児童養護施設を卒業したみなさんのインタビューを行わせていただくことで
日本の貧困や虐待の現状を多くの人に知っていただけるようにHPなどで告知します。

支援者を増やす

みらいこどもから情報発信することで支援者を増やし、
支援の届かない卒業生や現在児童養護施設にいる子供たちの支援につなげます。

ボランティア

応募について

現在、申し込みを受け付けておりません。

支給対象者

児童養護施設を卒業した30歳までの人

支給条件

コロナの影響でアルバイトがなくなったり少なくなったり、仕事の収入が少なくなったり、仕事がなくなったりして生活に困っている人を対象としています。

助成金額

1人当たり1万円~5万円

ボランティア

私たちの仲間になって
継続寄付をお願いいたします

寄付

児童養護施設の子どもたちを支援するには長期間にわたっての支援が必要不可欠です。
現在、児童養護施設に入所する子どもは低年齢化、さらに長期化しております。
1歳から乳児院に入り、18歳で卒業するまで児童養護施設で暮らす子どもが増えています。
そのような子どもたちを長期間支援するために、サポーター会員として継続的寄付をお願いいたします。

寄付で支援する

寄付

オンラインセミナーに
ご参加ください。

テーマ
「貧困と虐待とみらいこども財団の
活動について」

みらいこども財団では「貧困や虐待についての現状」「児童養護施設の現状と課題」「みらいこども財団の活動内容」について詳しくお伝えするオンラインセミナーを定期的に開催しております。まずはお気軽にご参加ください。

オンラインセミナーに参加する

お気軽に
お問い合わせください。

  • バナー
  • みらいこども財団は、内閣府が主宰する「子供の未来応援基金」の支援を受けています。
    子どもたちに寄り添って草の根で支援活動をする団体として、第4回未来応援ネットワーク事業に採択されました。