児童養護施設出身者の方を対象に助成金を支給します。

プロジェクトの経緯

コロナ禍で施設訪問ができなくなってしまった時、施設職員様からお困りごとをお聞きしました。
「施設を卒業して学費や生活費を稼ぎながら生活している子がアルバイトがなくなって、一日一食もやしで過ごすくらい、苦しい状況なんです。」
職員様のお声を受け、施設出身者を対象とした現金支給プロジェクトを立ち上げました。

はじめは施設を卒業して学校に通っている、施設で生活しながら進学を目指して学費を貯めているお子さんを対象にしていました。
実際に現金支給のお話を施設さんにご提案すると、「学生だけですか?」というお声が非常に多く、施設を卒業して就職したけれど、
コロナで職を失った方もたくさんいらっしゃることがわかりました。
学生・社会人問わず、状況をお伺いして給付の判断をさせていただいています。

支給実績(10月末時点) ※施設名略称

子供の家様(茨木) 4人
聖友ホーム様 6人
子どもの園様 3人
ベトレヘム学園様 1人
神戸真生塾様 3人
双葉園様 5人
四恩学園様 2人
遙学園様 3人
三光塾様 1人
博愛社様 5人
西台こども館様 3人
るんびにー様 3人
クリスマス・ヴィレッジ様 1人
子山ホーム様 3人
暁学園様 1人
Twitterプロジェクト 15人
受給者総数
65人
支給総額 2,570,000円

寄付金 11月13日現在    5,974,421円

プロジェクトの目的

施設の子供たち、施設出身者の支援

少しのお金や支援があれば今の苦境を乗り越えられる方、
しんどくてどうしようもない方を支援したいと考えています。

問題の周知

児童養護施設を卒業したみなさんのインタビューを行わせていただくことで
日本の貧困や虐待の現状を多くの人に知っていただけるようにHPなどで告知します。

支援者を増やす

みらいこどもから情報発信することで支援者を増やし、
支援の届かない卒業生や現在児童養護施設にいる子供たちの支援につなげます。

応募について

支給対象者

児童養護施設を卒業した30歳までの人

支給条件

コロナの影響でアルバイトがなくなったり少なくなったり、仕事の収入が少なくなったり、
仕事がなくなったりして生活に困っている人を対象としています。

助成金額

1人当たり1万円~5万円

応募方法

①ご本人様のお申込み

コチラよりお申込みください。

②職員様のご推薦

Googleフォームまたは書面にて。
書面をご希望の場合はお問い合わせから申請用紙をご請求ください。

※Googleフォームは途中保存ができないため、Excelにて必要事項を下書きの上、ご申請されることを推奨します。
Googleフォーム申請用下書きExcel

留意事項

①ご本人様のお申込みの場合

申込時Googleフォームにて
当選確定後

②職員様のご推薦の場合

申込時
当選確定後

支援金支給対象者の声

お礼状

インタビュー

問い合わせ

一般財団法人みらいこども財団
電話番号:06-6344-3345
メール:info@miraikyousou.com
担当者:松村

MENU