プロジェクト報告

みらいブログ411・児童養護施設訪問日記

2019年01月06日

月日 12/23
訪問回数 1回
時間 14~ 16時
内容 例)どんな遊びやお手伝いをしたか?
宝探し、サッカー、ドッチボール

感想、気付き、感じたこと
今月のミーティングの内容の一つに名前を覚えてもらうというのがあったので、
プレゼントに自分の🎁名前を書いて、
相手の名前を書く欄も用意しました。
プレゼントを渡す際に名前を聞き出して、実際に渡しました。
○ちゃんと▽ちゃんの顔と名前は完全に一致させて覚えることができました。
もっと名前を聞き出す口実を考えれば良かったです。
他に◆くんは覚えましたがまだそのぐらいです。
自分の名前は何回か呼んでもらえましたが、
覚えてもらうまではもう少し回数を重ねる必要があると思いました。
ただファーストコンタクトとしては良い感触を得られました。
サッカーはもっと楽しくなるよう、色々な条件付けをこちら側から提案しました。
子どもたちが知らない面白そうな事を知っていたらどんどん提案するべきだと思いました。
高校生の子が居ましたが、小さい子に気を配ったり、車などが通行し公園の外にボールが出たら危ない場面では一旦遊びを止めたり、
好印象でした。
いつも遊んでいる公園ではもっとはしゃぐだろうなと思いました。
帰る際もお見送り?してくれたりとても楽しい訪問になりました。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。

私たちの仲間になって
継続寄付をお願いいたします

寄付

児童養護施設の子どもたちを支援するには長期間にわたっての支援が必要不可欠です。
現在、児童養護施設に入所する子どもは低年齢化、さらに長期化しております。
1歳から乳児院に入り、18歳で卒業するまで児童養護施設で暮らす子どもが増えています。
そのような子どもたちを長期間支援するために、サポーター会員として継続的寄付をお願いいたします。

寄付で支援する

寄付

オンラインセミナーに
ご参加ください。

テーマ
「貧困と虐待とみらいこども財団の
活動について」

みらいこども財団では「貧困や虐待についての現状」「児童養護施設の現状と課題」「みらいこども財団の活動内容」について詳しくお伝えするオンラインセミナーを定期的に開催しております。まずはお気軽にご参加ください。

オンラインセミナーに参加する

お気軽に
お問い合わせください。

  • バナー
  • みらいこども財団は、内閣府が主宰する「子供の未来応援基金」の支援を受けています。
    子どもたちに寄り添って草の根で支援活動をする団体として、第4回未来応援ネットワーク事業に採択されました。