プロジェクト報告

みらいブログ459【児童養護施設・施設訪問日記】

2019年03月30日

3月24日

訪問回数 1回
時間 13~ 16時
内容
紙芝居、巨大オセロ、砂場遊び、追いかけっこ、ごっこ遊び

感想、気付き、感じたこと
元気の良い子どもたちでした。何度か来ているクルーの名前を覚えていてみらいこども財団が来るのを楽しみにしてくれているのかなと思いました。
高学年の女の子が来てくれていましたが紙芝居の用意があると分かると(子ども向けかよ)というニュアンスのことをボソッと言って出て行ってしまったので次回からは高学年の子とも関わりやすいよう考えていきたいと思いました。
他の子ども達は紙芝居に集中していたのでこれかはも読み聞かせを続けられたら良いなと思いました。
巨大オセロでは負けず嫌いな子どもが多く、年下の子どもに手加減することが難しい高学年に対して植木さんが「どのくらいならハンデあげられる?」と子どもたちの納得できるルールを子どもたちが作れるように声かけしていて子ども主体の遊びの作り方の勉強になりました。
ルールがあやふやな子やモチベーションが上がらず端で見ていた子やあまり手応えを感じていない子もいたのでクルーがそういう子の側について遊びの様子を実況して盛り上げたり励ましたりルールが分かりやすいよう側で少し手伝うなどするとより良くなるかなと思いました。
外遊びでは幼児さんと砂場で遊びました。見立て遊びやごっこ遊び、宝探しなどをしました。途中、ケイドロをしている子ども達も来て遊具を使って逃げていたため慌てた幼児さんか少し怪我をしました。私も少し目を離していたので反省しています。次回からは特に幼児は安全に配慮して見守る、ケイドロ、鬼ごっこは逃げる範囲を決めてから遊ぶと安全だと思いました。
最後、部屋に集まる時一人の男の子がどこにいるか分からず職員さんと探しました。感情のコントロールが苦手な子なので一人で落ち着く時間が必要だと思うのですが施設の外に出てしまう危険もあるのでそっとしておくとしてもどこにいるのか把握できるようになるといいなと思いました。

今回訪問の課題・目標は?
子どもと楽しんで遊ぶ
ひとりひとりとじっくり関わる
次回の課題・目標
自分のことを知ってもらう
その他
みなさん準備からありがとうございました。

———————————————————————
【みらいこども財団HP】
https://miraikyousou.com/wp2/
◆子供たちへの寄付・支援・サポーター会員登録はこちら
https://miraikyousou.com/wp2/jo
———————————————————————
・SoftBankのスマホからご利用料金とまとめて寄付
 https://ent.mb.softbank.jp/apl/charity/sp/select.jsp…
・どなたでも可能 クレジットカードで寄付
https://ent.mb.softbank.jp/apl/charity/sp/careerSelect.jsp…
——————————————————————–
ヤフー募金・あなたのTポイントで募金ができます。↓をクリック
https://donation.yahoo.co.jp/detail/5143001/
——————————————————————–
貧困・虐待を社会貢献で無くす

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。

私たちの仲間になって
継続寄付をお願いいたします

寄付

児童養護施設の子どもたちを支援するには長期間にわたっての支援が必要不可欠です。
現在、児童養護施設に入所する子どもは低年齢化、さらに長期化しております。
1歳から乳児院に入り、18歳で卒業するまで児童養護施設で暮らす子どもが増えています。
そのような子どもたちを長期間支援するために、サポーター会員として継続的寄付をお願いいたします。

寄付で支援する

寄付

オンラインセミナーに
ご参加ください。

テーマ
「貧困と虐待とみらいこども財団の
活動について」

みらいこども財団では「貧困や虐待についての現状」「児童養護施設の現状と課題」「みらいこども財団の活動内容」について詳しくお伝えするオンラインセミナーを定期的に開催しております。まずはお気軽にご参加ください。

オンラインセミナーに参加する

お気軽に
お問い合わせください。

  • バナー
  • みらいこども財団は、内閣府が主宰する「子供の未来応援基金」の支援を受けています。
    子どもたちに寄り添って草の根で支援活動をする団体として、第4回未来応援ネットワーク事業に採択されました。