プロジェクト報告

みらいブログ513・児童養護施設訪問日記

2019年07月07日

6月30日
訪問回数  8回
時間  13~ 16時 30分
内容)・七夕の飾り作り・ダンス鑑賞・寄り添ってお話し

◆感想、気付き、感じたこと ◆
・女の子フロアはとても穏やかでリラックスした良い雰囲気からスタートできました。前回、流行性の胃腸炎で遊べなかった○ちゃんも元気になっていて、(でも聞けば昨日までお熱があったらしい)率先して七夕飾りも楽しんで作業してくれていました。

・◎ちゃんは電子ピアノでいつもの様に「エリーゼのために」…を弾いていて、前回、西脇さんとも楽しく弾いたことを聞いていたので、本当にピアノが好きなんだなあ…と思いました。
今回、急遽◆さんが参加して下さって、◆さんは七夕飾りの折り紙作業も、ピアノも将棋もマルチにこなして下さり、子供達に大人気でした★
子供達の嬉しいお顔は、こちらまで嬉しい気持ちにさせてくれます。◆さん参加して下さりありがとうございました!

・いつも、▲ちゃんと一緒にいる◆ちゃんが1人でいたので聞いてみると、▲ちゃんはお家に帰っている日だったそうでした。七夕の作業を少ししてから、◎ちゃん、◆さんのピアノの側で過ごし、その後は◆さんと1対1で将棋をして遊んでいたようです。普段から口数が少なく、いつも▶ちゃんと2人でいる◆ちゃんにとって、マンツーマンで◆さんが寄り添って下さったこと、嬉しかっただろうなぁ…って思いました。

 

・その後、中学生の◎ちゃんが私の側に来てくれて、ずっと楽しそうに平成ジャンプの山田くんのお話しや、Eーgirlrsのメンバーで1番のお気に入りの鷲尾レイナさんのことをいっぱい聞かせてくれました。「なんか語りたい気持ちだったんよなー!先生って語るの大丈夫な人?」と言いながら、本当に楽しそうに色々教えてくれて、次から次へと楽し過ぎてお喋りして止まらない…と言う姿がかわいくてたまりませんでした。私に家に帰ったらYou Tubeで動画を見て欲しいものを、メモ帳4枚にわたって文字ビッシリで書いてくれました。次回の宿題をきちんとして、また◎ちゃんに会いに行きたいなって思いました。

———————————————————————
【みらいこども財団HP】
https://miraikyousou.com/wp2/
◆子供たちへの寄付・支援・サポーター会員登録はこちら
https://miraikyousou.com/wp2/jo
———————————————————————
・SoftBankのスマホからご利用料金とまとめて寄付
https://ent.mb.softbank.jp/apl/charity/sp/select.jsp…
・どなたでも可能 クレジットカードで寄付
https://ent.mb.softbank.jp/apl/charity/sp/careerSelect.jsp…
——————————————————————–
ヤフー募金・あなたのTポイントで募金ができます。↓をクリック
https://donation.yahoo.co.jp/detail/5143001/
——————————————————————–
貧困・虐待を社会貢献で無くす

 

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。

私たちの仲間になって
継続寄付をお願いいたします

寄付

児童養護施設の子どもたちを支援するには長期間にわたっての支援が必要不可欠です。
現在、児童養護施設に入所する子どもは低年齢化、さらに長期化しております。
1歳から乳児院に入り、18歳で卒業するまで児童養護施設で暮らす子どもが増えています。
そのような子どもたちを長期間支援するために、サポーター会員として継続的寄付をお願いいたします。

寄付で支援する

寄付

オンラインセミナーに
ご参加ください。

テーマ
「貧困と虐待とみらいこども財団の
活動について」

みらいこども財団では「貧困や虐待についての現状」「児童養護施設の現状と課題」「みらいこども財団の活動内容」について詳しくお伝えするオンラインセミナーを定期的に開催しております。まずはお気軽にご参加ください。

オンラインセミナーに参加する

お気軽に
お問い合わせください。

  • バナー
  • みらいこども財団は、内閣府が主宰する「子供の未来応援基金」の支援を受けています。
    子どもたちに寄り添って草の根で支援活動をする団体として、第4回未来応援ネットワーク事業に採択されました。