プロジェクト報告

みらいブログ522・児童養護施設訪問日記

2019年07月21日

7月14日 (日)

訪問回数 10回
時間 13〜15時
内容 イントロクイズ、椅子取りゲーム、ピアノ

感想、気付き、感じたこと
今回はピアノで一緒に遊んでいることが多かったです。
イントロクイズは一緒に問題を出す側に回ってくれる子が何人かいて、次これ!と問題の曲を決めてくれたり、
▽くんは、<次はこういう曲〜!という感じのことをみんなに言ってくれたり、
子どもたちの協力もあって、盛り上がったように思います。
反省点は終了のタイミングを決めていなかったのでイントロクイズに時間をとりすぎてしまったかなと思いました。延々と弾き続けてしまうところだったので、ストップかけてもらってよかったです。次はラストの曲を決めておいて、もっと声かけもできるようにしたいと思います。

その後は椅子取りゲームをしました。
運動が得意そうな◆ちゃんが今日も勝利でした。演奏再開のタイミングが難しかったりするのでもう少し上手く連携をとって、気をつけたいと思います。

後半14時〜は、魚つりの工作や、卓球などそれぞれ分かれて遊びました。
中2の◎くんは学校で習ったバッハのフーガト短調をピアノで弾いていて(1本指での弾き方でしたが)とても良く覚えていてすごいなと思いました。
それから、何曲か連弾で弾いたり、モンハンの曲が弾きたい!と言ってくれたので、少しずつ一緒に弾きました。弾きたい情熱が凄く、とても覚えが良く、音がわかればすぐに弾けていました。弾けたことが相当嬉しかった様子で、「ここに来てよかった!」まで言ってくれて、喜んでもらえて、私も凄く嬉しかったです。
途中、▶ちゃんがピアノの近くで暇そうにしていて弾きたい様子だったので、
□くんにちょっとだけ代わってもらっていいかな?と言うと、
いいよ〜また後で教えてね♪と、素直な返事をしてくれました。遊び終了時間になった時も、並ぼうとしない小学生の子に「ちゃんと並ぼう」など、声かけをしてくれたり、さすがお兄ちゃんという感じで、とてもしっかりしていて良い子だなと思いました。
ただ、物分かりが良すぎて良い子になりすぎていないか心配にもなりました。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。

私たちの仲間になって
継続寄付をお願いいたします

寄付

児童養護施設の子どもたちを支援するには長期間にわたっての支援が必要不可欠です。
現在、児童養護施設に入所する子どもは低年齢化、さらに長期化しております。
1歳から乳児院に入り、18歳で卒業するまで児童養護施設で暮らす子どもが増えています。
そのような子どもたちを長期間支援するために、サポーター会員として継続的寄付をお願いいたします。

寄付で支援する

寄付

オンラインセミナーに
ご参加ください。

テーマ
「貧困と虐待とみらいこども財団の
活動について」

みらいこども財団では「貧困や虐待についての現状」「児童養護施設の現状と課題」「みらいこども財団の活動内容」について詳しくお伝えするオンラインセミナーを定期的に開催しております。まずはお気軽にご参加ください。

オンラインセミナーに参加する

お気軽に
お問い合わせください。

  • バナー
  • みらいこども財団は、内閣府が主宰する「子供の未来応援基金」の支援を受けています。
    子どもたちに寄り添って草の根で支援活動をする団体として、第4回未来応援ネットワーク事業に採択されました。