プロジェクト報告

児童養護施設・訪問日記(ボランティアクルーからの手紙)

2021年04月22日

訪問 4月11日

訪問回数 5回
12:30~15:30

○遊び訪問について
<以下特記事項>
・3か月ぶりの訪問でしたが一部忘れている子がいた。。が、覚えている子たちもいてくれていた。
・初めて最初から最後まで男の子(Rくん)が出て一緒に遊んだ。
・始めにサッカーをしたが、Kちゃんの独占的なプレーでSちゃんとバチバチすることになり、SちゃんとYちゃんが参加していたが途中で抜けることになった。
先生によると日常的に仲が悪くなることは多いらしい。
・暖かくなってきているので、訪問される方は危なくなる前に休憩と水分補給を気を付けて行うことを推奨します。

・行事もなく、気軽に外に遊びに行ける状況でもないため、変わらず喧嘩もあって子供たちのストレスは溜まっているようです。
・なかなかコロナもあり大変な中、みらいこども財団の訪問は助かると職員さん方からコメントを頂きました。
加えてボランティアはやはり素性が分からない分、不安で簡単に受け入れるわけにいかず、みらいこども財団は信用して安心してお願いできるというコメントも頂きました。
頂いたコメントに応えられるように継続して関係性を築いていきたいと改めて思いました。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。

私たちの仲間になって
継続寄付をお願いいたします

寄付

児童養護施設の子どもたちを支援するには長期間にわたっての支援が必要不可欠です。
現在、児童養護施設に入所する子どもは低年齢化、さらに長期化しております。
1歳から乳児院に入り、18歳で卒業するまで児童養護施設で暮らす子どもが増えています。
そのような子どもたちを長期間支援するために、サポーター会員として継続的寄付をお願いいたします。

寄付で支援する

寄付

オンラインセミナーに
ご参加ください。

テーマ
「貧困と虐待とみらいこども財団の
活動について」

みらいこども財団では「貧困や虐待についての現状」「児童養護施設の現状と課題」「みらいこども財団の活動内容」について詳しくお伝えするオンラインセミナーを定期的に開催しております。まずはお気軽にご参加ください。

オンラインセミナーに参加する

お気軽に
お問い合わせください。

  • バナー
  • みらいこども財団は、内閣府が主宰する「子供の未来応援基金」の支援を受けています。
    子どもたちに寄り添って草の根で支援活動をする団体として、第4回未来応援ネットワーク事業に採択されました。