プロジェクト報告

児童養護施設訪問・ボランティアクルーからの手紙

2021年10月30日

施設訪問感想シート version.5.1
訪問:10月24日
訪問回数:2回14時~16時
内容:ドッジボール、鬼ごっこ、鉄棒
感想、気付き、感じたこと:
活動前後に担当職員の先生がとても丁寧に現状を説明して下さり、予備知識をもって接する事ができたのでよかったです。
また少し不安定な様子の子も背景が分かり、そこまで説明して頂ける事に大変感謝するとともにそれだけの責任を感じました。
不安な気持ちのあの子があれから夜どうしているのだろう、と考えると施設の方が寄り添って下さっているとは思うのですがもう1歩何か踏み込んだ事ができたらなぁとも思いました。次いって元気なってました!よかった!でもいいのですができる事があるのかもと考えていきたいと思います。
初めての訪問なので当然子供たちも人見知り、警戒していてなかなかコミュニケーションがとりずらい時もありましたが助かりました。
みんなとても活発で驚いたのですが、体を動かすのが苦手な子、中遊びが好きな子とかは居ないのかなぁと感じました。
もし運動以外の遊びが本当はしたいなと思っている子がいるのなら選択肢を作ってあげてもいいなと思いました。
先生のお話をお伺いしていると色々な対応にとても大変なので財団でお手伝いできる事があればどんどん意見交換して交流を活発
にしていきたいと思いました。
別で外に出てきていた子供たちや中学生の子たちもすごく面倒見がよくて人懐っこくてかわいくて施設のいい雰囲気を感じました。
中学生のお兄ちゃんは話してたら「今が試験が終わって一番気楽、試験しんどかった~~」と少し個人的な会話もしてくれて
お兄ちゃんたちもたくさんお話聞いてほしいんだな、そういう時間もあればなと思いました。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。

私たちの仲間になって
継続寄付をお願いいたします

寄付

児童養護施設の子どもたちを支援するには長期間にわたっての支援が必要不可欠です。
現在、児童養護施設に入所する子どもは低年齢化、さらに長期化しております。
1歳から乳児院に入り、18歳で卒業するまで児童養護施設で暮らす子どもが増えています。
そのような子どもたちを長期間支援するために、サポーター会員として継続的寄付をお願いいたします。

寄付で支援する

寄付

オンラインセミナーに
ご参加ください。

テーマ
「貧困と虐待とみらいこども財団の
活動について」

みらいこども財団では「貧困や虐待についての現状」「児童養護施設の現状と課題」「みらいこども財団の活動内容」について詳しくお伝えするオンラインセミナーを定期的に開催しております。まずはお気軽にご参加ください。

オンラインセミナーに参加する

お気軽に
お問い合わせください。

  • バナー
  • みらいこども財団は、内閣府が主宰する「子供の未来応援基金」の支援を受けています。
    子どもたちに寄り添って草の根で支援活動をする団体として、第4回未来応援ネットワーク事業に採択されました。