プロジェクト報告

児童養護施設日記・ボランティアクルーからの手紙

2021年11月30日

問 11月14日
訪問回数   10回 (同一施設)
10時~ 12時
内容 新聞紙プール、バドミントン、ラグビー、折り紙

感想、気付き、感じたこと
コロナ前にも何度か訪問していましたが、数人の子の名前しか覚えられていなかったので、今回名札シールを貼ってもらうことで、名前を呼んで接することができたのがよかったです。
いつも他の施設に訪問しているクルーさんはどうやって名前を覚えているのだろうかと思っていましたが、出てきてくれる子どもの数が多くてびっくりしておられたので、ある程度仕方なかったのかとわかりました。
次回以降も名札シールを貼ってもらうようにしようと思います。

遊びは新聞紙プールをしました。ルールを守ったりお手伝いをしてもらえるようこちらが働きかけるという目標を持って入りましたが、職員様のサポートもあり、子どもたちは自ら崩れた段ボールをガムテープで修繕したり、散らばった新聞紙を段ボールを使ってうまく集めたりしていて、褒めるというより「ありがとう」と伝える場面が多かったです。

その後は中と外に別れてほとんどの子どもが外に行ったのですが、幼児さんのYちゃんが一人で新聞プールで遊んでいました。職員さんによると、大勢いると圧倒されて遊べなかったり話せなかったりするようで、みんながいなくなって安心して遊べたようです。

その後はバドミントンをしたりラグビーごっこをしたり折り紙をしました。
S君が薔薇の折り方を教えてくれました。S君は「Kと家族やねん」と妹を紹介してくれました。その後も何かと妹を気にかけており、とても優しい子だと思いました。家族であるということがS君にとってどんな意味を持っていてどんな思いで紹介してくれているのか、背景にあるものはわからないですが、きっと色んな感情があるのだろうなということは忘れずに接していきたいと思います。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。

私たちの仲間になって
継続寄付をお願いいたします

寄付

児童養護施設の子どもたちを支援するには長期間にわたっての支援が必要不可欠です。
現在、児童養護施設に入所する子どもは低年齢化、さらに長期化しております。
1歳から乳児院に入り、18歳で卒業するまで児童養護施設で暮らす子どもが増えています。
そのような子どもたちを長期間支援するために、サポーター会員として継続的寄付をお願いいたします。

寄付で支援する

寄付

オンラインセミナーに
ご参加ください。

テーマ
「貧困と虐待とみらいこども財団の
活動について」

みらいこども財団では「貧困や虐待についての現状」「児童養護施設の現状と課題」「みらいこども財団の活動内容」について詳しくお伝えするオンラインセミナーを定期的に開催しております。まずはお気軽にご参加ください。

オンラインセミナーに参加する

お気軽に
お問い合わせください。

  • バナー
  • みらいこども財団は、内閣府が主宰する「子供の未来応援基金」の支援を受けています。
    子どもたちに寄り添って草の根で支援活動をする団体として、第4回未来応援ネットワーク事業に採択されました。