プロジェクト報告

児童養護施設オンラインボランティア日記「ボランティアクルーからの手紙」

2022年03月29日

訪問日時  2022年3月20日 13:30~14:30時

訪問形式  オンライン
訪問回数   1回 (同一施設)
訪問内容 自己紹介すごろく・間違い探し

・好きなものや見ているテレビ番組などを教えてくれたので、心をひらいてくれている印象。
・上述の好きなもの等が私の世代が興味を持つものとあまり変わらず、子どもとしてではなく、
一人の友人のような距離感で仲を深めていくことができそうだと感じた。
・また、好きなものが同じクルーがいるとその話で盛り上がれるので、
クルーが複数いることの大切さも同時に感じた。
・間違い探しがすごく得意だったり、小説を読むのが好きだったり、
「涼しい」が普通に読めていたり(調べたところ「涼」は小学校では習わない漢字)、
とても頭のいい子だなと思った。
学習意欲があるのであれば、今後そのような支援もできるといいなと思った
(もちろん希望があれば)
・ヘアアレンジがとても可愛かった。
職員の方がやられているとお聞きして、とても器用だなと思うと同時に、大変だなとも思ったので、
今後女性クルーと一緒に「自分でできる簡単なヘアアレンジを実践」みたいな支援内容があってもいいかもと思った。
・職員さんから、終わった直後に「次回が楽しみ」という発言があったと聞けて嬉しかった。
また、次回もし支援の機会があれば、その期待に応えられるように準備をしっかりと行いたい。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。

私たちの仲間になって
継続寄付をお願いいたします

寄付

児童養護施設の子どもたちを支援するには長期間にわたっての支援が必要不可欠です。
現在、児童養護施設に入所する子どもは低年齢化、さらに長期化しております。
1歳から乳児院に入り、18歳で卒業するまで児童養護施設で暮らす子どもが増えています。
そのような子どもたちを長期間支援するために、サポーター会員として継続的寄付をお願いいたします。

寄付で支援する

寄付

オンラインセミナーに
ご参加ください。

テーマ
「貧困と虐待とみらいこども財団の
活動について」

みらいこども財団では「貧困や虐待についての現状」「児童養護施設の現状と課題」「みらいこども財団の活動内容」について詳しくお伝えするオンラインセミナーを定期的に開催しております。まずはお気軽にご参加ください。

オンラインセミナーに参加する

お気軽に
お問い合わせください。

  • バナー
  • みらいこども財団は、内閣府が主宰する「子供の未来応援基金」の支援を受けています。
    子どもたちに寄り添って草の根で支援活動をする団体として、第4回未来応援ネットワーク事業に採択されました。