みらいブログ

児童養護施設訪問日記「ボランティアクルーからの手紙」

2022年05月14日

Yちゃん:ユニットに入るとすぐやってきて、「やったあ!」と喜んでくれました。初めて小学生女子ユニットに入った時もドキドキしていたら、Yちゃんが一番先に迎えてくれて、ホッとして嬉しかったのを思い出しました。血液型や星座占いの本を一緒に読み、「クールってどういうこと?」「デリケートってどんな意味?」と聞かれて、説明するのがとても難しかったです。色々な言葉の意味を知ろうとするのは成長だし大事な事なので、丁寧に答えていきたいと思いました。やりとりの中で、「学校ではあんまり喋らないから…」と言っていたのが気になりました。服のコーディネートを一緒に考えて!言われ、服を並べてみたり、私のヘアバンドに目を止めて「Yも作りたい!」と言ったり、おしゃれに興味があるようです。ヘアバンド用に使っても良い布ある?と聞いて、持ってきたのは、以前使っていたニットキャップと手さげかばんと紐。バッグの持ち手をヘアバンドに、キャップはリストバンドに、紐はブレスレットになりました。裁縫を学校で習うのは5年生からで、まだ始まってないそうですが、積極的にやり方を聞いてきて、玉結びや縫うのも出来ました。以前は気長に取り組むのが苦手だったのに、集中して取り組めるようになったのはすごい成長だなと思いました。アイディアを出し合って、制作するのはとても楽しかったです。14時を過ぎると時計を気にするようになり、終了間際になると「今1時50分だよ!あと1時間あるよ」と言い…。私にとってもあっという間の時間でした。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。

私たちの仲間になって
継続寄付をお願いいたします

寄付

児童養護施設の子どもたちを支援するには長期間にわたっての支援が必要不可欠です。
現在、児童養護施設に入所する子どもは低年齢化、さらに長期化しております。
1歳から乳児院に入り、18歳で卒業するまで児童養護施設で暮らす子どもが増えています。
そのような子どもたちを長期間支援するために、サポーター会員として継続的寄付をお願いいたします。

寄付で支援する

寄付

オンラインセミナーに
ご参加ください。

テーマ
「貧困と虐待とみらいこども財団の
活動について」

みらいこども財団では「貧困や虐待についての現状」「児童養護施設の現状と課題」「みらいこども財団の活動内容」について詳しくお伝えするオンラインセミナーを定期的に開催しております。まずはお気軽にご参加ください。

オンラインセミナーに参加する

お気軽に
お問い合わせください。

  • バナー
  • みらいこども財団は、内閣府が主宰する「子供の未来応援基金」の支援を受けています。
    子どもたちに寄り添って草の根で支援活動をする団体として、第4回未来応援ネットワーク事業に採択されました。