みらいブログ

児童養護施設訪問日記(ボランティアクルーからの手紙)

2022年11月03日

 2回目の訪問で、前回は屋内だったので、私にとっては初めての外遊びでした。

 

〇くん
 遊ぶ場所に移動する時、重いネットを自ら進んで運んでいました。帰りも、途中までは運んでいました。
→色々を自分でやりたい、役割が欲しい気持ちがあるのかなと思いました。
 ストローで膨らませるバルーンで遊んでいる時、ストローを差し出して「持って」と言って、自分はチューブの中身を出すのに集中していました。なかなか上手くできないようだったため、やり方を読んで私が「最初は息を弱めに吹くといいみたいだよ」と言うと、「そうなのか」と言って、その後はコツを掴んで大きなバルーンをいくつか作っていました。他の子が苦戦をしていると、「最初は弱めに吹くんだよ」と教えていました。
 自分で運んだネットを組み立てて、一緒にバドミントンをしました。10点先取の試合をして、とても楽しそうにしていました。私も割と本気でやっていたのですが、良い勝負だったので、運動神経がいいと感じました。もう少し柄の長いラケットがいいようなので、次回は持って行けたらいいなと思います。
→小学校高学年ということで、もう大人に混じって同等に運動できたり、話が理解できたりするんだなと思いました。
 ドッジビーをやる時、「あなたも入って」と誘ってくれました。「あなたじゃなくて、△ちゃんという名前があるよー」と言うと、少し恥ずかしそうにしていました。
→遊びに誘ってはくれますが、割と人見知りor恥ずかしがり屋なのかなと思いました。
 大縄跳びをしている時には、わざと飛ばなかったりしていました。それを突っ込まれると、嬉しそうに笑っていました。

この記事を書いた人

みらいこども財団
みらいこども財団
みらいこども財団スタッフが更新しています。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。

私たちの仲間になって
継続寄付をお願いいたします

寄付

児童養護施設の子どもたちを支援するには長期間にわたっての支援が必要不可欠です。
現在、児童養護施設に入所する子どもは低年齢化、さらに長期化しております。
1歳から乳児院に入り、18歳で卒業するまで児童養護施設で暮らす子どもが増えています。
そのような子どもたちを長期間支援するために、サポーター会員として継続的寄付をお願いいたします。

寄付で支援する

寄付

遺贈について

寄付

遺言に基づいて特定の個人や団体に資産を分け与えることを「遺贈」といいます。
遺言書の内容により、受取人やその内容を指定することができます。
一部またはすべての財産の受取人として一般財団法人みらいこども財団をご指定いただくことで、日本で貧困や虐待で苦しんでいる子どもたちの支援や奨学金としてご支援いただけます。

遺贈について

遺贈について

オンラインセミナーに
ご参加ください。

テーマ
「貧困と虐待とみらいこども財団の
活動について」

みらいこども財団では「貧困や虐待についての現状」「児童養護施設の現状と課題」「みらいこども財団の活動内容」について詳しくお伝えするオンラインセミナーを定期的に開催しております。まずはお気軽にご参加ください。

オンラインセミナーに参加する

お気軽に
お問い合わせください。

  • バナー
  • みらいこども財団は、内閣府が主宰する「子供の未来応援基金」の支援を受けています。
    子どもたちに寄り添って草の根で支援活動をする団体として、第4回未来応援ネットワーク事業に採択されました。