みらいブログ

児童養護施設ほうもん日記

2022年12月27日

今回、初めて準備から当日の運営までを財団に任せていただき、貴重な機会となりました。準備期間中は、『どのようにしたら子どもたちに喜んでもらえるか』『子どもたちや職員さんにどのように感じてもらいたいか』などクルー同士で考えることができ、改めて私たちのできることを見つめ直すことができました。多くのクルーにとって初めてのことばかりで戸惑いや不安な気持ちもありましたが、それ以上にワクワクと良い緊張感のもと、当日を迎えることができました。
当日は、リーダーはじめベテランクルーが中心となり準備や進行を行いました。幼児さんから高校生まで4回の入れ替わりがあり、あっという間のイベントとなりました。年齢や性別によって服への興味や価値観も違い、子どもたちひとりひとりの個性を感じることができました。服に関わる紙芝居では、幼児さんから高校生までが真剣にお話を聞いている様子が印象的でした。見るもの触れるものに興味津々で走り回る幼児さん、一つ一つ手に取り買い物を楽しむ女の子、袋いっぱいに服を詰め込んでいる高校生、どの子どもたちもとてもイキイキとした表情でした。紙芝居やお買い物を通じて、子どもたちなりに何かを感じてくれていれば嬉しいです。普段の訪問では、関わる機会が少ない中高生との繋がりもできたので、この繋がりを大切にしていきたいと思います。
1回のイベントで終わるのではなく、今回できた接点を普段の訪問にも活かしていきたいです。また、様々な目線で子どもたちの良いところや個性を引き出していけるようなイベントも考えていきたいと思いました。

この記事を書いた人

みらいこども財団
みらいこども財団
みらいこども財団スタッフが更新しています。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。

私たちの仲間になって
継続寄付をお願いいたします

寄付

児童養護施設の子どもたちを支援するには長期間にわたっての支援が必要不可欠です。
現在、児童養護施設に入所する子どもは低年齢化、さらに長期化しております。
1歳から乳児院に入り、18歳で卒業するまで児童養護施設で暮らす子どもが増えています。
そのような子どもたちを長期間支援するために、サポーター会員として継続的寄付をお願いいたします。

寄付で支援する

寄付

遺贈について

寄付

遺言に基づいて特定の個人や団体に資産を分け与えることを「遺贈」といいます。
遺言書の内容により、受取人やその内容を指定することができます。
一部またはすべての財産の受取人として一般財団法人みらいこども財団をご指定いただくことで、日本で貧困や虐待で苦しんでいる子どもたちの支援や奨学金としてご支援いただけます。

遺贈について

遺贈について

オンラインセミナーに
ご参加ください。

テーマ
「貧困と虐待とみらいこども財団の
活動について」

みらいこども財団では「貧困や虐待についての現状」「児童養護施設の現状と課題」「みらいこども財団の活動内容」について詳しくお伝えするオンラインセミナーを定期的に開催しております。まずはお気軽にご参加ください。

オンラインセミナーに参加する

お気軽に
お問い合わせください。

  • バナー
  • みらいこども財団は、内閣府が主宰する「子供の未来応援基金」の支援を受けています。
    子どもたちに寄り添って草の根で支援活動をする団体として、第4回未来応援ネットワーク事業に採択されました。