グリーンマインドプロジェクトとは

グリーンマインドプロジェクトとは、児童養護施設の子どもたちをUSJやディズニーランドなどの遊園地に招待して、ボランティアクルーと一緒に思い切り遊ぶプロジェクトです。

児童養護施設では、資金不足や引率者不足などの問題から子どもたちを遊園地で遊ばせてあげることが難しいのが現状です。
また緊急度や必要性の高いことではないため、後回しにされがちです。

皆さんは子どものころ、遊園地に行った記憶がありますか?
夢と魔法がいっぱい詰まった、キラキラした場所ではなかったでしょうか。

みらいこども財団では、子どもたちが大きくなってから幼少時代を思い返したとき、とびきり光る一日を一緒につくりたい。
そんな想いで子どもたちを遊園地に招待しています。

みらいこども財団設立のきっかけともなった、大切なプロジェクトです。

これまでの活動

2017年4月大阪府の児童養護施設の子どもたち名を招待
ボランティアクルー含め、参加者148名
2017年11月大阪府の児童養護施設の子どもたち185名を招待
ボランティアクルー含め、参加者218名
2018年10月大阪府の児童養護施設の子どもたち80名を招待
ボランティアクルー含め、参加者165名
2019年10月東京都の児童養護施設の子どもたち25名を招待
ボランティアクルー含め、参加者62名
2019年11月東京都の児童養護施設の子どもたち30名を招待
ボランティアクルー含め、参加者60名

プロジェクトのきっかけ

※マンガの中に登場する「ビッツ財団」とは、現在の「みらいこども財団」のことです。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。