ボランティア募集

【関東地区】童養護施設で暮らしている子供たちと一緒に遊ぶボランティア

2024年03月16日

募集ページ上部に入力する見出しがここにはいります(タイトルとは別で設定可能です)

概要

活動場所:東京, 神奈川
必要経費:無料
募集対象:社会人
活動日程:随時活動(活動期間:1年以上の長期)
活動頻度:週0〜1回

オンライン説明会を開催いたします。
参加を希望する方は、下記概要をご覧いただき、フォームよりご予約をお願い致します。

基本情報

貧困や児童虐待が原因で児童養護施設で暮らしている子どもたちが全国で3万人います。
私たちは施設を毎月訪問することで心のケアを行い、子どもたちが心から人を信じることを目標に支援を行っています。

募集詳細

ボランティアクルーが複数のグループが集団で毎月、児童養護施設を訪問して子供たちと一緒に楽しく遊んでいます。

主に土日に児童養護施設を訪問しています。

※コロナ禍により一部訪問活動は状況に応じて行っています。

★東京都23区内の児童養護施設でのボランティア★

・必要な資格、スキル:身体を動かせる方、運動に抵抗がない方

ボランティア内容

施設訪問は、基本的に外遊びになります。鬼ごっこやサッカーなど、激しい運動になる場合もあります。

最初は集団で子供たちと遊びますが

ある程度慣れてきたら一人の子供の担当として毎月定期的に訪問していただくことも可能です。

「活動の思い」

私たちは、貧困や機会差別をなくすために 人々が少し優しくなれるような機会を創出しています。 現在の主な活動は、毎月、児童養護施設に訪問して子供達と楽しく遊びながら、心のケアをすることです。

児童養護施設の子供たちは、虐待や育児放棄などが原因で施設に引き取られ、実の親と暮らすことのできない子供です。 そんな子供達と楽しく一日を過ごす機会を創ることで多くの参加者が、自分の身近にそんな問題があることに 気付きます。

子供たちは明るく元気に毎日を生きています。 子供達と、私達ボランティアがお互い成長できる場所を創造することで、多くの人々が今より少し優しくなり、地域の大人たちが地域の子供達を支え、支援してゆく「優しい世界」を創ることを目指しています。

「人々がいまより5%優しくなれば、世界中から貧困や機会差別はなくなる」と私たちは信じて活動しています。

応募フォーム

ここにキントーンのフォーム呼び出し用のタグを記述します。 埋め込み用タグとして発行されるjavascriptタグを挿入してください。

私たちの仲間になって
継続寄付をお願いいたします

寄付

児童養護施設の子どもたちを支援するには長期間にわたっての支援が必要不可欠です。
現在、児童養護施設に入所する子どもは低年齢化、さらに長期化しております。
1歳から乳児院に入り、18歳で卒業するまで児童養護施設で暮らす子どもが増えています。
そのような子どもたちを長期間支援するために、サポーター会員として継続的寄付をお願いいたします。

寄付で支援する

寄付

遺贈について

寄付

遺言に基づいて特定の個人や団体に資産を分け与えることを「遺贈」といいます。
遺言書の内容により、受取人やその内容を指定することができます。
一部またはすべての財産の受取人として一般財団法人みらいこども財団をご指定いただくことで、日本で貧困や虐待で苦しんでいる子どもたちの支援や奨学金としてご支援いただけます。

遺贈について

遺贈について

オンラインセミナーに
ご参加ください。

テーマ
「貧困と虐待とみらいこども財団の
活動について」

みらいこども財団では「貧困や虐待についての現状」「児童養護施設の現状と課題」「みらいこども財団の活動内容」について詳しくお伝えするオンラインセミナーを定期的に開催しております。まずはお気軽にご参加ください。

オンラインセミナーに参加する

お気軽に
お問い合わせください。

  • バナー
  • みらいこども財団は、内閣府が主宰する「子供の未来応援基金」の支援を受けています。
    子どもたちに寄り添って草の根で支援活動をする団体として、第4回未来応援ネットワーク事業に採択されました。